アウトドアなショルダーバッグ|パタゴニアのアトム

使いやすいアトム・スリング|ショルダーバック

パタゴニア,アトム,バック,ショルダーバッグ,ライトウェイトトラベルスリング,ボディバッグ

パタゴニアのボディバッグ、アトムの話です。
初期のころのアトムを長年使っていましたが、すでに引退。今回は最新のアトムを比べて、どこが改良され、使いやすくなっているのかをチェックしてみたいと思います。
ついでに軽量ショルダーバッグのライトウェイトトラベルスリングとの比較も!


↓ココクリックしてね(✿❛◡❛)ゞ
登山ランキング

バランス・使いやすさが良い肩掛けバッグ


ライトウェイト・トラベルヒップを使うまでは、ずっとアトムスリング(8L)を使っていました。
基本的にバッグは肩掛けをしたいので、ボディバッグとしてアトムはまさにうってつけのデザイン。
アウトドアでも歩きながらでも、バックを背中から前に回せばすぐ荷物を取り出せます。(左利きの人注意)
超お気に入りだったんですよ!
ではなぜアトムを使わなくなったのかというと、、、

 

ガラケーからスマホに変えたからです(笑

 

デザイン変更でさらに使いやすくなったアトムスリング・ショルダーバッグ

ショルダーポケット

アトムの特徴として、ショルダーベルトについているポケット。
大画面のスマホ時代になっていますので、ポケットの大きさも、ジッパーの位置も変更されています。内側はクッション素材になっていてスマホやデジカメをそのまま収納できます。

パタゴニア,アトム,バック,ショルダーバッグ,ライトウェイトトラベルスリング,ボディバッグ

OLD

買い替え宣告でした

パタゴニア,アトム,バック,ショルダーバッグ,ライトウェイトトラベルスリング,ボディバッグ

NEW!


 

フロントパネル

初期型のアトムはフトントパネルにメッシュポケットがついていました。
確かに小物が入れられそうですが、改良後は2本のバックル締めに変更されています。
これは、アトムを使ってみるとよくわかるのですが、ちょっとお出かけとか野外にいったときに、いちばんジャマになる上着を取り付けられるということなのでしょう。
そして、荷物が少ないときは、より体に密着させられるようにバック自体の厚みをこれで絞ることもできます。
確かにポケットよりは使い道がありますね。

パタゴニア,アトム,バック,ショルダーバッグ,ライトウェイトトラベルスリング,ボディバッグ

OLD

パタゴニア,アトム,バック,ショルダーバッグ,ライトウェイトトラベルスリング,ボディバッグ

NEW!


 

メインポケットと収納

実は旧製品はメインポケットの使い心地が難点でした。小さすぎたキーポケットは財布などは入りません。なので、メインポケットに入れるのですが、他の小物やペットボトルなどをいれると荷物がゴチャゴチャして取り出しにくかったのです。
新しいアトムでは、キーポケットが外側に移動して、メインポケットの中にメッシュポケットがつけられていて財布や飲料、タオルなどを小分けできます。
今回は、しかも、ジッパーが上に上げて閉めるように変更されているのでセキュリティ的にもいいですね。
さらに、デザインも若干改良され、上部のほうの収納スペースが広くなっています。
この辺は細かいですが、けっこう重要なポイントですね!

パタゴニア,アトム,バック,ショルダーバッグ,ライトウェイトトラベルスリング,ボディバッグ

OLD

初期止水ジッパーはちょっと硬すぎ

パタゴニア,アトム,バック,ショルダーバッグ,ライトウェイトトラベルスリング,ボディバッグ

NEW!

メインポケット内部にメッシュポケットがついた


 

ってことで、かなり改良されたアトムですが、同じデザインの別のショルダーバックに
ライトウェイト トラベルスリング(7L)
なんてのがあります。
軽さが際立つライトウェイトシリーズ。
どっちを選ぶか迷いませんか!?

 

 

 

スリング対決!|アトムVSライトウェイトトラベルスリング

 

勝手に戦わせていますが(笑
アトムとトレベルスリング(以降トラスリ)
どう違うか比べます

重さ

アトム297g > トラスリ164g

容量

アトム8L > トラスリ7L

生地

アトム450D厚型ナイロン  > トラスリ:40D薄型ナイロン

本体ポケット

アトム:メインポケット+ソフト小物ポケット > トラスリ:メインポケット+サイド水ボトルポケット

ショルダーポケット

アトム:ジッパー式保護ポケット > トラスリ:メッシュ式簡易ポケット

その他の特徴

アトム:フロントバックル/簡易ウエストベルト
トラスリ:ポケットに本体を収納可/.簡易ウエストベルト

 

さて、だんだんわかってきました。
これらのことから、まず言えるのは、
ライトウェイト トラベルスリングは、

 

旅行にはうってつけ!ってこと

 

(あたりまえじゃー!!)
な、名前がもうそうなってますがな^^;

 

それに引き換え、アトムは、日常用っぽいです。
つまるところ日ごろの使用頻度が大なら(というか高くなります)、もうアトムなんですよね。
生地がペラペラよりもある程度しっかりしていたほうが使いやすいし体のフィット感も違います。
トラベルスリングはあくまでもトラベル用・・・
でも、私のように、日常からそのまま登山などアウトドアで使い続ける、という場合はライトウェイトのほうが軽くていいです。
そのままザックに放り込んで出かけられます。
アトムはさすがにパッキングには向いてないです。

 

さて、どっちがいいかは使い方次第、ということでした。

パタゴニア
1クリック感謝⇒ 登山ランキング

世界人類が平和でありますように

関連記事

パタゴニアのセール|今年は早め
パタゴニアの最新レインウェア手に入れてみた|クラウドリッジジャケット&パンツ
パタゴニアのナノエアまたが進化|ナノエアライトフーディ&ナノエアライトパンツ
全天候対応雪山ハードシェルパンツ|トリオレットパンツはレフュジティブパンツよりおすすめ!?
真夏の猛暑登山におすすめ!パタゴニアのギⅢ(GiⅢ)パンツ
ナノパフ復活|ナノパフ ビビー プルオーバーの違い
復活!レインシャドージャケット|パタゴニア雨具トレントシェルを凌駕する
雪山にも使えるバックカントリーザック|パタゴニア スノードリフター40L
パタゴニアR3の時代がキター|R2以上に進化したフリース
パタゴニアのゴアテックスCニットのハードシェル|レフュジティブジャケットが軽やかすぎる
ソフトシェルの定番パタゴニアのアズハイブリッドジャケット着てみる
もうダメなのか?!パタゴニアの最軽量インナーダウン・ウルトラライトダウンジャケット
ハードなソフトシェル!?|パタゴニア ナイフリッジジャケット
クライミング用ザック|パタゴニアのクラッグスミスパックがなかなかいい
パタゴニアのアンダー・メリノも刷新|そしてメリノエアってなんだ!?
新しくなったパタゴニア・キャプリーン2015~|おすすめと選び方
トレントシェルを買う前に|パタゴニア レインの選び方
ライト&ファストで八ヶ岳を駆け巡る|パタゴニア ナイントレイルズパックとオールウェザーフーディ
新感覚!ソフトシェルジャケット|レビテーションフーディとオールフリージャケット
ナノパフを凌ぐナノエア|パタゴニアの革命的インサレーション
ウルトラライトダウンジャケット|理想的なインナーダウン
パタゴニアR2に迷いなし|進化したフリースの定番
ナノパフとR1・R1フーディについて|パタゴニアのウェア着こなし
ナノパフ プルオーバーを選ぶ理由
パタゴニア アルパインフーディニとフーディニの違い|今後の雨具のあり方を考える
ナノパフベストというチョイス
アルパインソフトシェル|サイマルアルパインパンツ
やっぱ R1プルオーバー|パタゴニアベストウェアはこれ!
パタゴニア フーディニ 山で使ってみた
アルパイン・フーディニ・ジャケットだってばよ|紹介!パタゴニア
進化するダウンジャケット|パタゴニアの名盤・ダウンセーター
ダウンベストとウルトラライトダウンベスト|パタゴニアのベストが実はおすすめ
古き良きレトロXフリース|ジャケットとベスト+ロスガトス
アセンジョニストパック レポート!
キター! アセンジョニストパック♪|パタゴニアの本気ザック
パタゴニアのフリース比べ|マイクロD1/4ジップ
パタゴニアのパフォーマンスベターセーター・フーディ
ベターセーター買ってみた|パタゴニアのカジュアルウェア
RPSロックパンツ|パタゴニアの新クライミングパンツ
アーバーパック!サミットパックを引き継ぐ名作

レビュー!パタゴニア 道具・モノ・デジタル 山の情報 山のよもやま話 about