大日岳の決断

大日岳の決断

大日岳の決断

 

本日、沖縄ツーリスト 大日岳ツアー終了

 

踏んだり蹴ったりな日でした><

↓ココクリックしてね(✿❛◡❛)ゞ
登山ランキング

帰りの飛行機は小松線。
特殊な航空券にはいろいろなものがあるのですが、
その中にはJAL(やANA)から提供してくれる、
いわゆる「空席があったら乗ってもいいお!」券というものがあります。
なにせ、券力が最弱でして、
KGの帰り便は定刻に席を取ることができずに、直接当日カウンター交渉へ。
しかし、それもむなしくFULL BOOK(≡д≡) ガーン
小松空港に一人取り残され3時間待ち、だと!?
どーしてくれよう、このオトシマエ[E:dash]
「経費削減なんで我慢してください!」
オイオイ、旅行代金にガイド経費くらいイレトケヨ~(-_-;)
。。。3時間後。
ソファーで爆睡から目覚めの後、出発20分前に腹ごしらえナリ。
とりあえずは安近短!カウンターで立ち食いそばを食らう。
ちょ、ちょっといいですか!?
小松空港・搭乗口前のANAフェスタ店の調理担当のキレイなお姉さん、、

そんな作り笑顔はいらないから、
そばの湯切りくらいちゃんとするデスヨー!!(|||ノ`□´)ノ
それじゃサンマの水揚げ状態ダヨ・・・( ̄  ̄;)
汁が薄くて麺のまずさが引きたっとるわww ノコシタジャナイカ
「かき揚げそば、お待たせしました~♪(*^.^*)」  待っとらん、待っとらん[E:sweat01]
スマイル-300円!( ><)// 

 

そんな感じで、飛行機は着陸ディレイ…(バス乗り遅れた><
京王線は『たった今人身事故…』など帰着まで次から次へ_| ̄|○ ガクッ
・・・なんか悪いことしたっけ(-"-;)

 

 

さて、本題♪
実は今日の大日は判断の難しいものでありました。
きのうのみくりが池から大日小屋まではすばらしい展望登山となったわけでありますが、
本日3日目は雨。
下山が5-6時間の急な下りを降り、入浴と昼食をとって小松空港へ向かう段取り。
ところが、7・8月に称名坂上部で登山道の崩壊があったらしく、応急整備はされたものの、
地盤がゆるく雨の状況で、今回のメンバーで果たして降りてよいものか迷いました[E:dash]
朝3時。携帯画面に映った雨雲レーダーは心を挫くものでしたw
しかし、小屋のオヤジさんとあーだこーだ話し合って、下山を決意。
参加者にも下山の決意の儀を執り行い、
緊張を胸に、いざ出陣!
の5分後
「やっぱり止めまーす♪もどりましょうw」
峠からの下り道に水がとつとつと流れ込んでました。
ヤナ予感がよぎったので、昨日歩いた稜線を室道まで引き返しましたヾ(^-^;)
皆さん、真剣に歩いてくださったおかげで、

お風呂も20分ほど入れて、ドタキャンランチの代わりに「ぶり寿司」も召されて、
飛行機の時間にも間に合ったのですよ。

 

そして、KGは冒頭の悪夢へ戻るのでありました(ノ_-。) 

 

大日岳の決断 大日岳の決断
大日岳の決断 大日岳の決断
大日岳の決断

1クリック感謝⇒ 登山ランキング

世界人類が平和でありますように

 

こんな記事も読まれています

 


レビュー!パタゴニア 道具・モノ・デジタル 山の情報 山のよもやま話 about