日本のチロル!?下栗の里と富士見台高原の秋をハイキング

日本のチロル!?下栗の里と富士見台高原の秋をハイキング

日本のチロル,下栗の里,富士見高原,阿智,神坂峠,紅葉,

今回は、登山というかハイキングです。
恵那山系の富士見台高原リゾート・ヘブンス園原から雲海を見物して富士見台へ。そして、日本のチロルと銘々された南アルプス南部を展望する下栗の里を訪れました。
おそらく沖縄からこれだけ大勢(16名)来るのは初めてではなかったでしょうか。


↓ココクリックしてね(✿❛◡❛)ゞ
登山ランキング

雲海率は高い富士見高原だったけど

山歩クラブのツアーでした。
コースはいたって初級ハイキングで、紅葉も最盛期、そして天気も恵まれました。
富士見台高原で雲海と日の出を待つが・・・
昼神温泉のホテル泊から、未明にヘブンス園原のゴンドラで上がって、雲海と日の出を期待したのですが、雲海は残念ながらみることができませんでした(残念!

 

ヘブンス園原から富士見台高原へのルート
いったん、レストハウスで朝食をとってから、富士見台高原までのハイキングを楽しみます。
紅葉もちょうど見ごろ!お隣の恵那山を眺めながらのコースは、笹原が多く、展望がすごく良いです。
この日は、暖かく、風も無風でラッキーでした。

 

ヘブンス園原から富士見台高原へのルート
富士見台高原も、神坂峠経由のなだらかな道で、わずかなアップダウンで難なく頂上に到着します。
南アルプスや御嶽山などの景色も360度のパノラマです。

 

富士見台高原から神坂峠経由、神坂神社へ。
富士見台高原からは、山小屋の萬岳荘経由で神坂神社へと下ります。
道は良好で、紅葉を堪能しながら。

 

下栗の里が日本のチロルと呼ばれるのは本当だった

下栗の里を一望する展望台
下山後に向かったのは、日本のチロル?下栗の里です。
まず、こんなところに、マイクロバスとはいえ、入っていくこと自体アレなのですが、狭い道をグネグネ進み、本日のお宿、高原ロッジ下栗へ。
南信州、遠山郷の僻地ともいえる下栗の里とは、急斜面に広がるわずか20軒ほどの小さな集落でした。

 

下栗の里の宿高原ロッジ
そのすぐ上にある高原ロッジは地元にIターンした主人が経営する最高に美味しい宿でした♪
ここからの聖岳など南アルプス南部の山と深い谷が素晴らしいです。
街灯がほとんどないので星がすごかった(らしいです)

 

下栗の里の展望台へ
翌朝は地元のガイドさんと合流してまずは展望台へ。条件が良いと、雲海が広がるそうです(みたい!

 

下栗の里へ
そして、説明を聞きながら集落をくだっていきます。

 

下栗の里へ
雰囲気はかなり良いです。奥に聖岳

 

しらびそ高原
そして、細いスカイラインを通ってしらびそ高原へ。ここの展望台がまた凄いパノラマでした。
南アルプス南部(大沢岳~光岳まで)を一望する大パノラマです。

 

しらびそ高原
こちらにも一軒だけの宿泊&レストハウスがあります。

 

下栗の里は少々クローズアップされてきたようですが、近くにハイキングルートや登山対象の山が多いので、ついでに寄ってみるのも良いかもしれません。
単にドライブだけでも楽しめますけどね。

1クリック感謝⇒ 登山ランキング

世界人類が平和でありますように

 

こんな記事も読まれています

 


レビュー!パタゴニア 道具・モノ・デジタル 山の情報 山のよもやま話 about