全天候対応雪山ハードシェルパンツ|トリオレットパンツはレフュジティブパンツよりおすすめ!?

全天候対応雪山ハードシェルパンツ|トリオレットパンツはレフュジティブパンツよりおすすめ!?

パタゴニア,ハードシェル,パンツ,トリオレット

まだ夏なのですが、今年の冬季用にハードシェルパンツ、パタゴニアのトリオレットパンツを新調いたしましたので紹介します。同時に、超軽量ハードシェルパンツのレフュジティブパンツも検討比較してみます! 実は、昨シーズンからトリオレット待ちしていました(笑)


↓ココクリックしてね(✿❛◡❛)ゞ
登山ランキング

軽量化が進むハードシェルパンツ

雪山用のハードシェルパンツの最近の傾向としては、薄型、軽量化が進んでいます。
私も、昨年はゴアのアクティブシェルを採用したリーシュレスパンツを使っていましたが、快適でした。
今期は、リーシュレスにかわって、レフュジティブパンツが登場しました!
これは、ゴアテックスのCニットという裏地がパイル状に起毛された吸収性の高い素材を採用しています。
私は、レフュジティブジャケットを使っていますが、もうソフトシェルのような着心地で、快適そのものです。
とまぁ、確かに薄型のパンツ・ジャケットは快適そのものなんですが…

 

レフュジティブパンツとトリオレットパンツの違い

しかし、それでも、ノーマルゴア(3層)の元祖ジャケットがあるのは、それが欲しい状況がある、ということも確かなのです。
トリオレットは上記のアイテムよりも分厚く重い生地になっています。

トリオレットパンツ(Ms) レフュジティブパンツ(Ms)
メイン素材:ゴアテックス3層 メイン素材:ゴアテックスCニット(3層透湿大)
重量:635g 重量:450g
メイン生地4.8オンス 75デニール メイン生地:4オンス40デニール
フルレングスのサイドジッパー ベンチレーションジッパー
価格:48060円 価格:58320円

参考までに、比較してみました。
で、トリオレットの特長としては、厚めのゴアテックス生地を採用して、強度と防寒性をだしていることです。
いきなり冬の富士山に登りたいという人も最近は多いかもしれませんが、そんなときは、まさにトリオレットがふさわしいでしょう。
私も寒がりですので、厳冬期の八ヶ岳などでは、厚めのハードシェルパンツは心強いです。

トリオレットは暑さ対策も万全!?

パタゴニア,ハードシェル,パンツ,トリオレット
こういう元祖ハードシェルパンツには、元祖的な特長があります。
それが、フルレングスのサイドジッパーです。
朝一、-20度の寒い出だしでスタートしたものの、昼前から無風快晴のカンカン照り、なんていうシチュエーションの場合、フルレングスジッパーであれば、ハードシェルパンツをアイゼン装着のまま脱ぐことができます。
トリオレットパンツの場合、足元側からジッパーを腰までオープンすると外れます。
フルーオープンになるパンツの場合は、骨折などのトラブル時でも、パンツを破いたりしなくても良いというのもメリットではないでしょうか。

 

汗かき・寒がりな人にはトリオレットパンツがおすすめ!

パタゴニア,ハードシェル,パンツ,トリオレット
どうせなら2着もっていたほうがいいわけですが、雪山をはじめるにあたってはそうもいきません。
トレンドとしては薄型軽量のレフュジティブですが、入門にはトリオレットパンツをおすすめします。
とくに寒さが気になるような人、汗かきの人にはトリオレットです。
トリオレットのほうが分厚いので、暖かい(暑い)のは確かですが、春山などでは、サイドジッパーをあけまくってベンチレーションができます。
レフュジティブの場合、ベンチレーションはるものの、Cニットの透湿性をメインに軽量化していますので、ジッパー開口部が限定的です。
汗だくになって登る春の槍沢などは、サイドジッパーあけまくるか、パンツを脱ぎたいところですね。
また、4月以降ですと、パンツは2レイヤーにしたりします。つまり、ハードシェルの下はタイツです。通常のズボンを履かないわけです。これのほうが足上げも楽だし、暑すぎないで快適です。
ただ、ハードシェルが薄いと、ちょっと不安な場合もあります。で、やはりパンツを履いていったりしますが、そもそもトリオレットならその心配も低いのではないでしょうか。

 

パタゴニア,ハードシェル,パンツ,トリオレット
ウエストにはダブルボタンとベルトループがついていますが、内側に極太のジッパーが両腰についていて、ベルト無しでウエスト調整できます。背中側はすこし深めにデザインされていて、ジャケットとのジョイントループもついています。
パタゴニア,ハードシェル,パンツ,トリオレット
裾のインナーゲイターは浅め。シンプルなつくりになっています。エッジガードもひかくてき短いです。

 

 

パタゴニア

1クリック感謝⇒ 登山ランキング

世界人類が平和でありますように

関連記事

パタゴニアのセール|今年は早め
パタゴニアの最新レインウェア手に入れてみた|クラウドリッジジャケット&パンツ
パタゴニアのナノエアまたが進化|ナノエアライトフーディ&ナノエアライトパンツ
真夏の猛暑登山におすすめ!パタゴニアのギⅢ(GiⅢ)パンツ
ナノパフ復活|ナノパフ ビビー プルオーバーの違い
復活!レインシャドージャケット|パタゴニア雨具トレントシェルを凌駕する
雪山にも使えるバックカントリーザック|パタゴニア スノードリフター40L
パタゴニアR3の時代がキター|R2以上に進化したフリース
パタゴニアのゴアテックスCニットのハードシェル|レフュジティブジャケットが軽やかすぎる
ソフトシェルの定番パタゴニアのアズハイブリッドジャケット着てみる
もうダメなのか?!パタゴニアの最軽量インナーダウン・ウルトラライトダウンジャケット
ハードなソフトシェル!?|パタゴニア ナイフリッジジャケット
クライミング用ザック|パタゴニアのクラッグスミスパックがなかなかいい
パタゴニアのアンダー・メリノも刷新|そしてメリノエアってなんだ!?
新しくなったパタゴニア・キャプリーン2015~|おすすめと選び方
トレントシェルを買う前に|パタゴニア レインの選び方
ライト&ファストで八ヶ岳を駆け巡る|パタゴニア ナイントレイルズパックとオールウェザーフーディ
新感覚!ソフトシェルジャケット|レビテーションフーディとオールフリージャケット
ナノパフを凌ぐナノエア|パタゴニアの革命的インサレーション
ウルトラライトダウンジャケット|理想的なインナーダウン
パタゴニアR2に迷いなし|進化したフリースの定番
ナノパフとR1・R1フーディについて|パタゴニアのウェア着こなし
ナノパフ プルオーバーを選ぶ理由
パタゴニア アルパインフーディニとフーディニの違い|今後の雨具のあり方を考える
ナノパフベストというチョイス
アルパインソフトシェル|サイマルアルパインパンツ
やっぱ R1プルオーバー|パタゴニアベストウェアはこれ!
パタゴニア フーディニ 山で使ってみた
アルパイン・フーディニ・ジャケットだってばよ|紹介!パタゴニア
進化するダウンジャケット|パタゴニアの名盤・ダウンセーター
ダウンベストとウルトラライトダウンベスト|パタゴニアのベストが実はおすすめ
古き良きレトロXフリース|ジャケットとベスト+ロスガトス
アウトドアなショルダーバッグ|パタゴニアのアトム
アセンジョニストパック レポート!
キター! アセンジョニストパック♪|パタゴニアの本気ザック
パタゴニアのフリース比べ|マイクロD1/4ジップ
パタゴニアのパフォーマンスベターセーター・フーディ
ベターセーター買ってみた|パタゴニアのカジュアルウェア
RPSロックパンツ|パタゴニアの新クライミングパンツ
アーバーパック!サミットパックを引き継ぐ名作

レビュー!パタゴニア 道具・モノ・デジタル 山の情報 山のよもやま話 about