パタゴニアのナノエアまたが進化|ナノエアライトフーディ&ナノエアライトパンツ

パタゴニアのナノエアがまた進化|ナノエアライトフーディ&ナノエアライトパンツ

パタゴニア,ナノエア,ライト,フーディ,パンツ,ナノエアライト

出ましたねぇ。パタゴニアのナノエアの次の新製品。ナノエアライトです。トップアスリートにより考案された軽量版ナノエアです。
ナノエアジャケットやナノエアフーディとナノエアライトフーディの違いをご紹介します。あとナノエアライトパンツも!


↓ココクリックしてね(✿❛◡❛)ゞ
登山ランキング

 

2016年秋冬シーズンからでてきましたナノエア・ライト・フーディですが、通気性が拡大したナノエアを、さらに使いやすく研磨したものになっています。
ナノエアはジャケットとしてアウター使いを主においていますが、やはり通気性はフリースには適いません。
そこで、もっと通気性を高めて、逆に保温性を低く抑えて、中間着に特化した形をとっています。
これは、いってみれば化繊インサレーションのR1フーディ的な位置づけなのではと思ってしまいます。
つまり、ナノパフプルオーバーとはまったく別モノと思っていただいたほうがいいです。

 

ナノエアジャケットとナノエアライトフーディを比較してみた

パタゴニア,ナノエア,ライト,フーディ,パンツ,ナノエアライト
ナノエアジャケットと比較してみました(黒がナノエアライト、青がナノエア。サイズは共にMsのXS)。基本的なナイロンの素材や伸縮性は同じですが、処々に変更&改良部分があります。
まず、着た感じなのですが、同じスリムフィットではありますが、やはりナノエアライトフーディのほうがフィット感が高めです。
これはジャケットとプルオーバーの違いで間違いないと思います。
重量はナノエアフーディが385gに対して、ナノエアライトフーディが309g(公称値)です。

 

パタゴニア,ナノエア,ライト,フーディ,パンツ,ナノエアライト
ナノエアライトフーディには、プルオーバーよろしくハンドウォーマーポケットはなく、チェストポケットのみです。
このジッパー部分が従来のナノエアよりも良くなっています。
ジッパーが咬まなくなっています!
しかも、ポケットサイズも大きくなり、大画面スマホもすっぽり入るじゃないですか♪

 

パタゴニア,ナノエア,ライト,フーディ,パンツ,ナノエアライト
そして、この袖口。すっきりしていて、ジャケットやグローブとの相性もバツグンです。
袖の長さも中間着並みです。

 

パタゴニア,ナノエア,ライト,フーディ,パンツ,ナノエアライト
着丈の短いナノエアですが、ナノエアライトはさらにわずかに短めです。

 

パタゴニア,ナノエア,ライト,フーディ,パンツ,ナノエアライト
これは背面。ナノエアライトフーディのほうはかなりシンプルです。インサレーションの厚みは、手でさわっても若干の違いが分かります。
ナノエアには裾のドローコードがついていますが、ナノエアライトは絞り紐がありません(不要です)

 

パタゴニア,ナノエア,ライト,フーディ,パンツ,ナノエアライト
フードはフィット感があります。
薄手のバラクラバでは不安なときの頼もしい味方です。
そして、なんといってもヘルメットの下に着用可能です。
ベルトを締めると若干口元が開きますが。

 

ナノエアライトフーディまとめ

結論として、ナノエアライトフーディは使えます!
最初に記載したように、予備的なインサレーションとしてはもちろんなのですが、なによりもR1の代用的な使い方ができます。
※保温力のことではなく、冬季の中間着としての役目ですね。
フリースでは風が強いとジャケットの必要性が出てきましたが、ナノエアライトフーディなら重ねる必要がなくなります。
そのぶんクライミングなどではパフォーマンスも上がりますし、西高東低の気圧配置の寒い時期の登山でも威力を発揮します。その点で、この製品の立ち位置ははっきりしています。

 

行動中に履けるインサレーション!ナノエアライトパンツ

パタゴニア,ナノエア,ライト,フーディ,パンツ,ナノエアライト
そして、もう一つ特筆すべきアイテムが、ナノエア・ライト・パンツです。
これは冬の中間着ですが、場合によってはアンダーウェアまたはアウターとして機能するもので、雪山などでも通常のパンツが不要になりそうです。
アンダーのタイツ+ズボン+アウターパンツという3枚構造は従来の基本だったのですが、マジメに3枚履くと脚上げもきつくなりますので、たいていは2枚を目指しています。
このナノエアパンツは、アンダー的でありながら防風性があるので、アウターとこのナノエアライトパンツの組み合わせで十分な気がします。
厳冬はさすがに、キャプリーンなどのタイツがほしいところですが、ナノエアライトとの組み合わせは通常のパンツよりも楽で快適なはずです。

 

パタゴニア,ナノエア,ライト,フーディ,パンツ,ナノエアライト
内側はこのような下着タイプのゴムに絞りの紐がついています。

 

パタゴニア,ナノエア,ライト,フーディ,パンツ,ナノエアライト
裾はナノエアライトフーディのようにナイロン折のみでブーツの下・靴下の下にもきれいに入ります。

 

パタゴニア,ナノエア,ライト,フーディ,パンツ,ナノエアライト
股のジッパーはごらんのとおり、お尻まで開くダブルジッパーです。
まぁ、アンバサダー考案のハイアルパインキットのアイテムになるので、しょうがないのですが、一般ユーザーは”氷河の途中でキジを打ちたくなった”なんてシチュエーションは皆無ですから、使うことはほとんどないかもしれませんが、普通に慣れると楽!?一度やってみてもいいかもですね!(けっこうコツがいります(笑))
で、ジッパーは、なんだか咬みそうな感じだったのですが、上げ下げを試してみても咬まないです。
ポケットなどはついていなくて、すっきり軽量化させています。266g

 

ナノエアライトパンツまとめ

私は昨シーズンの雪山は、ピトンタイツというパワーストレッチ系の厚いタイツを履いていたのですが、アウターとの2枚だと、さすがに大風が吹くと寒さがジンワリきていました。
今回は、ナノエアライトで行く予定ですが、こちらのほうがデッドエアを作り出し、防風性があるので心強いとおもいます。時期によって2レイヤーでかなりいけそうです。
しかも、肌触りと着心地は「お布団並み!」なので、山小屋・テント泊とも快適ですので、通常のパンツ自体が不要になりそうです。
また、雪山で使ってみたら追記したいと思います!

 

追記です
まず使ってみた感じですが、アンダー無しで履く場合、動きがはいると、股下の長いジッパーがやや気になります。
まぁ、これは、おそらくですが、クライマーの冬季事故の経験からデザインされた、アスリート特化モデルなのでしょうからそれでいいと思いますが、あまりパンツがタイトな場合は、ジッパーがすこしうるさく感じるかもしれませんね。タイツを重ねれば、まったく気になりません。
それから、やはりインサレーションなので、秋の時期はちょっとあったかすぎました(笑) 冬季が最適です。寝巻としての実力は、NO1といっていいでしょう。

 

 

 

 

 

1クリック感謝⇒ 登山ランキング

世界人類が平和でありますように

関連記事

パタゴニアの最新レインウェア手に入れてみた|クラウドリッジジャケット&パンツ
全天候対応雪山ハードシェルパンツ|トリオレットパンツはレフュジティブパンツよりおすすめ!?
真夏の猛暑登山におすすめ!パタゴニアのギⅢ(GiⅢ)パンツ
ナノパフ復活|ナノパフ ビビー プルオーバーの違い
復活!レインシャドージャケット|パタゴニア雨具トレントシェルを凌駕する
雪山にも使えるバックカントリーザック|パタゴニア スノードリフター40L
パタゴニアR3の時代がキター|R2以上に進化したフリース
パタゴニアのゴアテックスCニットのハードシェル|レフュジティブジャケットが軽やかすぎる
ソフトシェルの定番パタゴニアのアズハイブリッドジャケット着てみる
もうダメなのか?!パタゴニアの最軽量インナーダウン・ウルトラライトダウンジャケット
ハードなソフトシェル!?|パタゴニア ナイフリッジジャケット
クライミング用ザック|パタゴニアのクラッグスミスパックがなかなかいい
パタゴニアのアンダー・メリノも刷新|そしてメリノエアってなんだ!?
新しくなったパタゴニア・キャプリーン|おすすめと選び方
トレントシェルを買う前に|パタゴニア レインの選び方
ライト&ファストで八ヶ岳を駆け巡る|パタゴニア ナイントレイルズパックとオールウェザーフーディ
新感覚!ソフトシェルジャケット|レビテーションフーディとオールフリージャケット
ナノパフを凌ぐナノエア|パタゴニアの革命的インサレーション
パタゴニアR2に迷いなし|進化したフリースの定番
ナノパフ プルオーバーを選ぶ理由
ナノパフベストというチョイス
アルパインソフトシェル|サイマルアルパインパンツ
やっぱ R1プルオーバー|パタゴニアベストウェアはこれ!
パタゴニア アルパインフーディニとフーディニの違い|今後の雨具のあり方を考える
パタゴニア フーディニ 山で使ってみた
アルパイン・フーディニ・ジャケットだってばよ|紹介!パタゴニア
進化するダウンジャケット|パタゴニアの名盤・ダウンセーター
古き良きレトロXフリース|ジャケットとベスト+ロスガトス
アウトドアなショルダーバッグ|パタゴニアのアトム
アセンジョニストパック レポート!
キター! アセンジョニストパック♪|パタゴニアの本気ザック
パタゴニアのパフォーマンスベターセーター・フーディ
ベターセーター買ってみた|パタゴニアのカジュアルウェア
RPSロックパンツ|パタゴニアの新クライミングパンツ
アーバーパック!サミットパックを引き継ぐ名作

レビュー!パタゴニア 道具・モノ・デジタル 山の情報 山のよもやま話 about