ナノパフとR1・R1フーディについて|パタゴニアのウェア着こなし

ナノパフとR1・R1フーディについて

使えるナノパフ

パタゴニアのナノパフを、買いました。
初代ナノパフは使いまくって、今期、ネパールトレッキングにいった際にポーターさんに
あげましたw
はじめは、色がなくて、レディースモデルを買いましたが(WsMサイズ≒MsSサイズ
こんかいはちゃんとメンズ(170cmでSで余裕)
もっぱらクライミングなどに使っています。山もときどきw→山もガンガン!
ナノパフはダウンのように軽くて、でもモコモコすぎなくて、濡れても保温効果があるという
3拍子そろったスグレモノですね。

 

ナノパフの2016年最新記事をUPしました!
ナノパフ復活|ナノパフ ビビー プルオーバーの違い

↓ココクリックしてね(✿❛◡❛)ゞ
登山ランキング

パタゴニア

ナノパフジャケットとプルオーバー

特に、岩場や山で使うには、少々手荒に扱っても大丈夫なのがベスト。
ザックにグシャグシャにして放り込んだり
岩棚にそのままねっころがったりしてます。
当然ホツレやキズはつきますけど、中綿が出てくるわけでもなく、
酷使しやすい?ウェアとして自分の中では使い分けていますね。
チェストポケットへの収納も、きっちり詰め込むのですが、なれたら数秒で収納できます。
つまり、、、、
ダウンと同じようにに大切にあつかわずに、消耗品だしラフにあつかっちゃおー♪
という感じでつかえば、かなりいい感じです。
うん、使いやすい。
フィットに関してですが、ゆるめな感じですので、着ていて楽です。
当然クライマー仕様に開発されたものなのですが、小屋泊の室内着などにも快適すぎてつい使っています。
今回の新しいナノパフに関しての感想は、
外側のナイロンの撥水力が以前にもましてUPしていますね。
あと、なんか、より暖かくなっていると思います。
重さはMSで396g。

これ1個あれば防寒着としては安心ですねー。

 

個人的にはプルオーバーだけど、ジャケットもいい

フルジップジャケットフーディなどとラインナップで迷うところですが、
防寒予備としては、迷わずプルオーバーです。
ナノパフジャケットはフルジッパーで隙間も多く保温力の低下(若干)と重量が少々重くなります。
インナーとしての役割を考えると、アウター(ジッパー)、インナー(ジッパー)とジッパーだらけになるので、組み合わせ次第で考えたほうがいいでしょう。
アウターとして使うということであれは、フルジップのほうがいいともおもいます。
また、ナノパフフーディは、私はほとんどフードをしないことが多いのですが、
インナー利用の場合は、たいていジャケットにフードがあるので、下のR1フーディをつかえば、
化繊インサレーションウェアのインナーには不要かとおもいます。
ただ、用途にもよります。クライマーのビレイ中などを想定してる、あるいはテント泊の睡眠時の保温などを考えると、フーディですね。
使い方によりますので、それにあわせてチョイスしてくださいw

 

参考記事

ナノパフはプルオーバーか?ジャケットか?
ナノパフプルオーバーを選ぶ理由|ガイドが着るパタゴニアのベストアイテム!
ホームページのパタゴニア・ナノパフページはこちら

R1とR1フーディの選び方

R1の良さとは!?

そもそもR1ですが、私は、このR1というのは、 フィールドにおいて、最も多様性のあるウェアと位置づけています。 なにせ、オールシーズンにおいて使えます。 冬季はもちろん、春秋も。時としてアウターです。 夏はR1では暑いのですが、ザックの中に入れて防寒着として持って行きます。 そういう意味で、換気やアウター利用を考慮してフルジップのほうが使いやすそうに思いますが、実は、プルオーバーが断然いけてます。 ジャケットや化繊インサレーションを重ね着する中で、 R1までもフルジップだとどうなります? 胸のあたりはジッパーだらけなのですよ。 スマートじゃない。 で、R1プルオーバーのジッパーは、けっこう深くとってあって、 胸のミゾオチのあたりまでオープンするので、換気量は十分です。

R1フーディについて

こちらは、R1のアスリートバージョンで、R1好きにはたまらない1品となっていますが、 R1の時点でもう完成されたウェアとなっていますので、 R1フーディについては、その使い分けをする場合に持っておいてもいいですね。

R1フーディの使うタイミングは?

フーディは、R1にバラクラバ(目出帽子)が一体となった画期的アイテムです。 手の部分も甲までカバーするようにデザインされています(袖に親指を通せます。現在R1にも。)そのほか、若干R1よりハイブリッドな機能を持っています。 しかし、それらを使うシチュエーションを考えてください。 どのくらいの頻度で使うのか。(フード) 当然、めったに使わないならば、ちょっと邪魔です。 フードのおかげで、ジッパーを上げたときの収まりの悪さもありますし。 ということで、初めてのR1ユーザーには向きません。 これは、厳冬期のクライミングや雪山、風が予想される過酷な状況で、 最も威力を発揮するアイテムです。 当然夏山やデイハイクにはあまり向いていませんね。

R1フーディの使用感

R1の最高のフィット感を前提としまして、、、 フードのフィット感は、着てみればわかりますが、ヘタな目出帽子よりもピタっときていい感じですね ただし、若干サイズ大きめのフィットが理想です。 バラクラバを鼻まで上げて、上を向いてください。 鼻が露出したら、小さすぎです。出なければ、使えますb 手の部分も親指通しがついていて、肌寒いときでも役に立ちます。 もちろんグローブと袖の隙間をなくせますが、 グローブの手首の締め付けがきつくなる場合もあります。 それらの特徴と自分の使用するスタイルとを吟味して、ご検討を。 私もR1は4枚使ってますけど、もうレギュラーウェアですよこれは。
パタゴニア
1クリック感謝⇒ 登山ランキング

世界人類が平和でありますように

関連記事

パタゴニアのアトム スリング 最新モノは使い心地が変わってた
パタゴニアの最新レインウェア手に入れてみた|クラウドリッジジャケット&パンツ
パタゴニアのナノエアまたが進化|ナノエアライトフーディ&ナノエアライトパンツ
全天候対応雪山ハードシェルパンツ|トリオレットパンツはレフュジティブパンツよりおすすめ!?
真夏の猛暑登山におすすめ!パタゴニアのギⅢ(GiⅢ)パンツ
ナノパフ復活|ナノパフ ビビー プルオーバーの違い
復活!レインシャドージャケット|パタゴニア雨具トレントシェルを凌駕する
雪山にも使えるバックカントリーザック|パタゴニア スノードリフター40L
パタゴニアR3の時代がキター|R2以上に進化したフリース
パタゴニアのゴアテックスCニットのハードシェル|レフュジティブジャケットが軽やかすぎる
ソフトシェルの定番パタゴニアのアズハイブリッドジャケット着てみる
もうダメなのか?!パタゴニアの最軽量インナーダウン・ウルトラライトダウンジャケット
ハードなソフトシェル!?|パタゴニア ナイフリッジジャケット
クライミング用ザック|パタゴニアのクラッグスミスパックがなかなかいい
パタゴニアのアンダー・メリノも刷新|そしてメリノエアってなんだ!?
新しくなったパタゴニア・キャプリーン|おすすめと選び方
トレントシェルを買う前に|パタゴニア レインの選び方
ライト&ファストで八ヶ岳を駆け巡る|パタゴニア ナイントレイルズパックとオールウェザーフーディ
新感覚!ソフトシェルジャケット|レビテーションフーディとオールフリージャケット
ナノパフを凌ぐナノエア|パタゴニアの革命的インサレーション
パタゴニアR2に迷いなし|進化したフリースの定番
ナノパフ プルオーバーを選ぶ理由
ナノパフベストというチョイス
アルパインソフトシェル|サイマルアルパインパンツ
やっぱ R1プルオーバー|パタゴニアベストウェアはこれ!
パタゴニア アルパインフーディニとフーディニの違い|今後の雨具のあり方を考える
パタゴニア フーディニ 山で使ってみた
アルパイン・フーディニ・ジャケットだってばよ|紹介!パタゴニア
進化するダウンジャケット|パタゴニアの名盤・ダウンセーター
古き良きレトロXフリース|ジャケットとベスト+ロスガトス
アウトドアなショルダーバッグ|パタゴニアのアトム
アセンジョニストパック レポート!
キター! アセンジョニストパック♪|パタゴニアの本気ザック
パタゴニアのパフォーマンスベターセーター・フーディ
ベターセーター買ってみた|パタゴニアのカジュアルウェア
RPSロックパンツ|パタゴニアの新クライミングパンツ
アーバーパック!サミットパックを引き継ぐ名作

レビュー!パタゴニア 道具・モノ・デジタル 山の情報 山のよもやま話 about