ライト&ファストで八ヶ岳を駆け巡る|パタゴニア ナイントレイルズパックとオールウェザーフーディ

ライト&ファストで八ヶ岳を駆け巡る|パタゴニア ナイントレイルズパックとオールウェザーフーディ

パタゴニア,ナイントレイルズパック,オールウェザー,フーディ,フォアランナーベスト

八ヶ岳に移住して、20~30分で登山口なので、これはもう軽量&即行スタイルしかない!ということで、パタゴニアのナイントレイルズパックとオールウェザージップネックフーディで出陣です。


↓ココクリックしてね(✿❛◡❛)ゞ
登山ランキング

ナイントレイルズパックとフォアランナーベスト


フォアランナーベスト
この二つ、軽量化されたランナー系の超軽量パックです。
フォアランナーベストにいたっては、シャツのネーミングであり、パックなのにベストと言い切っているところが、なかなか一体感を味あわせてくれそうです。
フォアランナーベストのほうは10Lでハイドレーションがついているので、さぞかし快適そうです。
しかし、トレイル、とくに日本の山岳をライト&ファーストで歩く(走る)場合、どうしても私の場合は、ファーストエイドやらなんやらを入れるのと、使い勝手を考えると、ナイントレイルズパックに軍配が上がりました。

 

フィット感と軽さの際立つナイントレイルズパック

ナイントレイルズパックのレビュー
今回、八ヶ岳などを徘徊するのにちょうど良いサイズでした。パックには、最小限の荷物と行動食・水とコーヒーを詰めていっぱいです。
メインパックのアクセスはジッパーなので、落し物も安心です。フロントのカラビナフックやトップの小物ケースも使いやすいです。
ベルトが肩とチェストに各2本つづついているのは、幅広い体系にフィットさせるためだというのがわかります。
最初は、2本あるので、どちらを締めたらいいのか迷いますが、なんとなく、つかっていて、締め具合でしっくりくるポジションがでてきます。
ナイントレイルズパックのレビュー
惜しむらくは、チェストベルトのポケットに、スマホが入らないことでしょうか・・・
おそらくアイフォン5なら大丈夫です。6インチ画面は無理ですね。

 

背面はメッシュ構造に加えて、触ってみないとわからないのですが、中のパネルがデコボコ(ジャバラのような)構造になっていて、通気性と吸湿発散性を向上させています。
15Lですが、あまりパンパンに詰めると、重くて肩が痛くなるので、あくまでも軽量化は必須ですね!

 

コレ一枚でかなり快適なオールウェザージップネックフーディ

オールウェザージップネックフーディのレビュー
オールウェザーというのは、伸縮性の高いぴったりしたデザインのウェアですが、フーディバージョンを試してみました。
結論からいいますと、これ、かなり良いです。
今回は、ちょっとチャレンジでレディースサイズを選びましたが、フィットは問題なしでした(Ms:S⇒Ws:M)
オールウェザージップネックフーディの特徴・違い オールウェザージップネックフーディの特徴・違い
脇下から背中一面は通気性のよすぎるエアフローメッシュです。そして、フーディの装着具合も問題なしです。
女性用のため、髪のボリュームを考慮してストレッチ感をだしていまして、後頭部にポニーテール用の穴も空いています。
髪の無い(?)私の装着も、ダブつきもなく良好。
それから、フーディのジッパーをしめたときは、R1フーディなどのように、鼻まで覆うデザインではなく、あご上、口の下あたりまでカバーするランナーフィットとでもいうようなデザインになっています。

 

オールウェザージップネックフーディの特徴・違い オールウェザージップネックフーディの特徴・違い
手首はオヤユビポケットが着いていて手の甲が隠れるようになっていますが、さらに寒いときは、ポケット型になった生地をひっくりかえして指まで覆えます。

 

山のヒンヤリした谷から日当たりの良い稜線へ

このオールウェザージップネックフーディのよいところは、沢筋などのスタートのヒンヤリした登山口から、日当たりのよい尾根に上がるまで、1枚で対応してくれるところです。
今回は、アンダーにファイントラックのスキンメッシュを着て、オールウェザー。予備にアルパインフーディニジャケトという軽量3レイヤーにしましたが、かなりいい感じです。タイツもオールゥエザー+RPMパンツでした。
しばらくこれで、近場の山を駆け巡ってみるつもりです!

※2016/9現在、ジップネックのみラインナップ

1クリック感謝⇒ 登山ランキング

世界人類が平和でありますように

関連記事

パタゴニアのセール|今年は早め
パタゴニアの最新レインウェア手に入れてみた|クラウドリッジジャケット&パンツ
パタゴニアのナノエアまたが進化|ナノエアライトフーディ&ナノエアライトパンツ
全天候対応雪山ハードシェルパンツ|トリオレットパンツはレフュジティブパンツよりおすすめ!?
真夏の猛暑登山におすすめ!パタゴニアのギⅢ(GiⅢ)パンツ
ナノパフ復活|ナノパフ ビビー プルオーバーの違い
復活!レインシャドージャケット|パタゴニア雨具トレントシェルを凌駕する
雪山にも使えるバックカントリーザック|パタゴニア スノードリフター40L
パタゴニアR3の時代がキター|R2以上に進化したフリース
パタゴニアのゴアテックスCニットのハードシェル|レフュジティブジャケットが軽やかすぎる
ソフトシェルの定番パタゴニアのアズハイブリッドジャケット着てみる
もうダメなのか?!パタゴニアの最軽量インナーダウン・ウルトラライトダウンジャケット
ハードなソフトシェル!?|パタゴニア ナイフリッジジャケット
クライミング用ザック|パタゴニアのクラッグスミスパックがなかなかいい
パタゴニアのアンダー・メリノも刷新|そしてメリノエアってなんだ!?
新しくなったパタゴニア・キャプリーン2015~|おすすめと選び方
トレントシェルを買う前に|パタゴニア レインの選び方
新感覚!ソフトシェルジャケット|レビテーションフーディとオールフリージャケット
ナノパフを凌ぐナノエア|パタゴニアの革命的インサレーション
ウルトラライトダウンジャケット|理想的なインナーダウン
パタゴニアR2に迷いなし|進化したフリースの定番
ナノパフとR1・R1フーディについて|パタゴニアのウェア着こなし
ナノパフ プルオーバーを選ぶ理由
パタゴニア アルパインフーディニとフーディニの違い|今後の雨具のあり方を考える
ナノパフベストというチョイス
アルパインソフトシェル|サイマルアルパインパンツ
やっぱ R1プルオーバー|パタゴニアベストウェアはこれ!
パタゴニア フーディニ 山で使ってみた
アルパイン・フーディニ・ジャケットだってばよ|紹介!パタゴニア
進化するダウンジャケット|パタゴニアの名盤・ダウンセーター
ダウンベストとウルトラライトダウンベスト|パタゴニアのベストが実はおすすめ
古き良きレトロXフリース|ジャケットとベスト+ロスガトス
アウトドアなショルダーバッグ|パタゴニアのアトム
アセンジョニストパック レポート!
キター! アセンジョニストパック♪|パタゴニアの本気ザック
パタゴニアのフリース比べ|マイクロD1/4ジップ
パタゴニアのパフォーマンスベターセーター・フーディ
ベターセーター買ってみた|パタゴニアのカジュアルウェア
RPSロックパンツ|パタゴニアの新クライミングパンツ
アーバーパック!サミットパックを引き継ぐ名作

レビュー!パタゴニア 道具・モノ・デジタル 山の情報 山のよもやま話 about