我が家の快眠事情|寝具の素材もハイテク化してた

我が家の快眠事情|寝具の素材もハイテク化してた

快眠マットレスと布団

お正月は1泊で初詣にいっていましたが、やはり我が家が一番!
とくに、ここ最近は眠る時が最高に幸せです。昨年、10数年以上使い続けた布団と決別して、新しいマットレスと掛け布団を使い出したのですが、いやはや、アウトドアのウェアと同じでものすごく進化していました。


↓ココクリックしてね(✿❛◡❛)ゞ
登山ランキング

布団が重すぎて快眠できていなかったことに気づく

9月に怪我をしたときから、肩の痛みもあって、寝返りを打つたびに痛みや圧力を感じていました。その理由のひとつに、布団が重いということがありました。
私は、根っからの「羽毛布団嫌い」でして、あの、軽すぎてスカスカしているのがどうもダメだと思っていました。
しかし、昨年は腰の痛みと、肩の痛みがあったので、寝具を快眠できるように検討してみたのでした。

 

はじめに敷き布団からマットレスに交換

山小屋のせんべい布団よろしく、私の使っていた布団も、かなりペラな感じでした。あまりふわふわだと腰が痛くなる説を知っていましたが、一言いわせてもらうと、
煎餅布団でもじゅうぶん腰がいてーよ!
というわけで、マットレスに変更。
少し調べたのですが、マットレスは、マット全体にバランスよく自重がかかるタイプを調べました。
そこで出した条件は
①10mm以上の厚さ
②表面に凸凹がある
③低反発じゃなく高反発マット
④マットのヘタリの費用対効果が高いもの
でした。
で、結論としては、アキレスというシューズメーカーで有名なところの、
「俺の為のマットレス!」なるものを見つけ出しまして、使っています。

このマットレスは上記の①~④をクリアした上に、真ん中部分の腰部はより硬め、頭と足部は柔らかめ、という構造で、脂肪の少ない男性向けによい、というわけです。
実際に、もう半年くらいつかっていますが、いまだに、寝る時の気持ちよさったらありません!

マットレスの効果を最大限にするために、敷き布団は使わずにカバーをかけて直接寝ていますが、もう最高な寝心地です。
眠るのがもったいないくらい(笑

 

そして、先月は、重かった綿の掛け布団に別れを告げて、ポリエステルのものを買ってみました。
こちらの素材は東レのマシュロンという中空保温素材を採用した、ホコリやダニの進入も防止する軽い寝具です。
羽毛よりはやや重みがありちょうど良い感じで、保温力も高いのにはけっこう驚き。
というよりかは、布団にあまりに無頓着だった自分がいました(笑
山でいうと、綿シャツからいっきにポリエステルメッシュに変えたような衝撃です。
そして、快眠がやってきました・・・>┼○ バタッ

1クリック感謝⇒ 登山ランキング

世界人類が平和でありますように

 

こんな記事も読まれています

 


レビュー!パタゴニア 道具・モノ・デジタル 山の情報 山のよもやま話 about