古き良きレトロXフリース|ジャケットとベスト+ロスガトス

古き良きレトロXフリース|ジャケットとベスト

パタゴニア,レトロX,ジャケット,フリース,ベスト,ロスガトス

今回は、アルパイン用ではないのですが、パタゴニアの最も代表的なフリースジャケット、レトロXとロスガトスを紹介します。
いやぁ、このモコモコ感がたまりません!日常用に!ちょっとカジュアルで暖かいです。
ロスガトスのフリースジャケット&ベストも追記しています!


↓ココクリックしてね(✿❛◡❛)ゞ
登山ランキング

いつまでも愛されるパタゴニア レトロX

パタゴニアフリースの中でも、従来の素材であるシンチラを採用した古き良きフリースジャケットがレトロXです。
すでにシンチラフリースの多くは、新しい素材のポリエステルに変わっており、シンチラの良さを求めて、パタゴニアのヘビーユーザーはレトロXを求めます。

 

クラシックレトロXのジャケットとカーディガンの違い

※2016年現在、カーディガンは生産していません。
さて、レトロXには、現在、3種類のラインナップがあります。
一つはベスト(後述)、そして、ジャケットカーディガンです。
カーディガンというと、なにかジャケットの下にでも着るようなイメージですが、レトロXカーディガンも見るからにジャケットでして、むしろカーディガンのほうが、ジャケットよりも暖かかったりします。

 

クラシックレトロXジャケットは7.5オンスという厚めのシンチラフリースをアウター生地として採用し、内側に通気性のあるメッシュ、そして、その間に防風素材をサンドイッチで張り合わせてあります。
そして、デザインはシンプルですが、動きやすさを考慮した縫い合わせが見られます。
重量671g これでお値段30780円

WsクラシックレトロXカーディガン
一方、レトロXカーディガンのほうは、さらに分厚い11オンスのシンチラフリースに、防風性のあるナイロンを内側に採用しています。(レディースはフード付)
重量785g お値段23065円

 

あれ? なぜカーディガンのほうが暖かくてボリュームがあるのにリーズナブル?

 

違いを表にまとめてみましょう

クラシックレトロXジャケット(Ms) クラシックレトロXカーディガン(Ms)
外側 シンチラ 7.5オンス 6mm厚 外側 チンチラ 11オンス 13mm厚
中間層 防風バリアラミネート 中間層 なし
内側 吸湿発散性メッシュ 内側 防風性ナイロン
デザイン 動きを考慮したデザイン デザイン コスパが高いシンプルなデザイン
重量 671g 重量 785g

 
定価 ¥30780

 
定価 ¥26460

 

この違いは、私の独断の憶測で申し訳ないのですが、説明します。
生地の厚さはたしかにレトロXカーディガンのほうが厚くて、保温があるのですが、ジャケットのほうは、防風バリアがメッシュとフリースの間に挟まった3層構造なんですね。これ、ゴアテックスなどのハードシェルと同じで、2層よりも3層のほうが手間とコストがかかるんですね。
しかも、カーディガンには極力縫い目・継ぎ目がありませんが、レトロXジャケットには立体裁断の縫い目があります。ここで、より多くの生地ロスもでます。
なので、カーディガンのほうがコスパが高いわけです。

 

レトロⅩの選び方は「動きのジャケット」「静かなカーディガン」なのだ!

では、ジャケットが微妙というわけではなく、これは、完全に「動き」を意識しています。
通気性の裏メッシュで、しっかりとした防風バリアを持ったレトロXジャケットは、より厳しい自然環境を考慮しています。風が強くてもしっかりと体温を逃がさないようにデザインもあるのです。そして、そのような環境下では、当然体を動かすことを考慮しているので、デザイン、発汗性も重要になってきます。
一方、レトロXカーディガンは、よりカジュアルです。裏地がナイロンで、脱ぎ着しやすく、さほど汗をかかない状況で活躍します。夜景鑑賞だとか、星空観察、なんてときはコレです。

 

といっても、両方とも、最先端のスポーツジャケットではないので、あくまでもタウン着からキャンプなどのライトアウトドアが主となります。

 

新たな定番フリース|ロスガトスジャケット・フーディ


レトロx同様にモコモコ感が見ただけで暖かくなるフリースがロスガトスです。
ロスガトスにはジャケットとベストがラインナップされています。8.6オンスの分厚いハイパイルのフリースですが、レトロⅩとの大きな違いは、両脇から腕下にかけて通気性のある薄でのフリースを配したハイブリッドデザインであることです。
フォルムもテクニカルジャケットらしくなっていますね。真冬の通勤やアウトドアキャンプなど動きのある状況で快適といっていいでしょう。

 

山でも使えるレトロXベストとロスガトスベスト

ところが、ベスト、となるとちょっと一転します。
基本構造はクラシックレトロXジャケットやロスガトスジャケットと同じで、そのベストバージョンということです。
しかし、ベストという構造上、十分にフィールドで機能してくれます。
とくに厳冬期から風の強い場所(時期)では、このベストがかなり重宝するでしょう。
実際に、同レベルの保温機能フリースジャケットとしてのR3やR4にはベストがないため、このレトロXベスト、もしくはロスガトス ベストがその代わり、といったところでしょうか。
レトロⅩベストのほうが防風性を備えていて、ロスガトスベストのほうはやや軽く通気性のハイブリッド構造。
ロスガトスというのは、ハイパイルのポリエステル・フリースに薄手のマイクロフリースを脇などに配したハイブリッド構造で真冬の行動時は威力を発揮しますが、保温力でいえば断然レトロXです。
レトロⅩベストはレギュラーフィット、ロスガトスベストはスリムフィットです。

パタゴニア
1クリック感謝⇒ 登山ランキング

世界人類が平和でありますように

関連記事

パタゴニアのセール|今年は早め
パタゴニアの最新レインウェア手に入れてみた|クラウドリッジジャケット&パンツ
パタゴニアのナノエアまたが進化|ナノエアライトフーディ&ナノエアライトパンツ
全天候対応雪山ハードシェルパンツ|トリオレットパンツはレフュジティブパンツよりおすすめ!?
真夏の猛暑登山におすすめ!パタゴニアのギⅢ(GiⅢ)パンツ
ナノパフ復活|ナノパフ ビビー プルオーバーの違い
復活!レインシャドージャケット|パタゴニア雨具トレントシェルを凌駕する
雪山にも使えるバックカントリーザック|パタゴニア スノードリフター40L
パタゴニアR3の時代がキター|R2以上に進化したフリース
パタゴニアのゴアテックスCニットのハードシェル|レフュジティブジャケットが軽やかすぎる
ソフトシェルの定番パタゴニアのアズハイブリッドジャケット着てみる
もうダメなのか?!パタゴニアの最軽量インナーダウン・ウルトラライトダウンジャケット
ハードなソフトシェル!?|パタゴニア ナイフリッジジャケット
クライミング用ザック|パタゴニアのクラッグスミスパックがなかなかいい
パタゴニアのアンダー・メリノも刷新|そしてメリノエアってなんだ!?
新しくなったパタゴニア・キャプリーン2015~|おすすめと選び方
トレントシェルを買う前に|パタゴニア レインの選び方
ライト&ファストで八ヶ岳を駆け巡る|パタゴニア ナイントレイルズパックとオールウェザーフーディ
新感覚!ソフトシェルジャケット|レビテーションフーディとオールフリージャケット
ナノパフを凌ぐナノエア|パタゴニアの革命的インサレーション
ウルトラライトダウンジャケット|理想的なインナーダウン
パタゴニアR2に迷いなし|進化したフリースの定番
ナノパフとR1・R1フーディについて|パタゴニアのウェア着こなし
ナノパフ プルオーバーを選ぶ理由
パタゴニア アルパインフーディニとフーディニの違い|今後の雨具のあり方を考える
ナノパフベストというチョイス
アルパインソフトシェル|サイマルアルパインパンツ
やっぱ R1プルオーバー|パタゴニアベストウェアはこれ!
パタゴニア フーディニ 山で使ってみた
アルパイン・フーディニ・ジャケットだってばよ|紹介!パタゴニア
進化するダウンジャケット|パタゴニアの名盤・ダウンセーター
ダウンベストとウルトラライトダウンベスト|パタゴニアのベストが実はおすすめ
アウトドアなショルダーバッグ|パタゴニアのアトム
アセンジョニストパック レポート!
キター! アセンジョニストパック♪|パタゴニアの本気ザック
パタゴニアのフリース比べ|マイクロD1/4ジップ
パタゴニアのパフォーマンスベターセーター・フーディ
ベターセーター買ってみた|パタゴニアのカジュアルウェア
RPSロックパンツ|パタゴニアの新クライミングパンツ
アーバーパック!サミットパックを引き継ぐ名作

レビュー!パタゴニア 道具・モノ・デジタル 山の情報 山のよもやま話 about