西穂高~ジャンダルム~奥穂高縦走|人気ルート

西穂高~ジャンダルム~奥穂高縦走|人気ルート

ジャンダルム,穂高,縦走,西穂高,奥穂高

天候が安定していて、縦走日和でした。
今回は、西穂高岳から奥穂高岳までの縦走です。
日本のベスト縦走ルートの筆頭コースといってよいですね。サイコー!
2016年9月ガイドツアー残席でました!


↓ココクリックしてね(✿❛◡❛)ゞ
登山ランキング

西穂高から奥穂高へ、最短3日日程で縦走

ジャンダルム,穂高,縦走,西穂高,奥穂高
穂高を縦走する場合は、奥穂側から西穂へ下ってくるのと、逆に、西穂から奥穂高に登る場合とありますが、3日間でやりきるには、西穂高から登るしかありません。未明に西穂山荘を出発して、独標で朝を迎えます。
ジャンダルム,穂高,縦走,西穂高,奥穂高
前日の雨がうそのように、スッキリとした秋晴れ。この日は気圧も安定で、午後も一日中ガスが上がることがありませんでした。
なんとラッキーな!
ジャンダルム,穂高,縦走,西穂高,奥穂高
独標よりハーネス&ヘルメット装備です。
西穂高山頂までもやや不安定な岩場のリッジが続きます。

西穂高岳~天狗のコル

馬の背と奥穂高岳
西穂高岳山頂からアップダウンが始まります。足場が悪いので風がある日は振られないように。
ジャンダルム,穂高,縦走,西穂高,奥穂高
西穂高より先は、さらにガラガラ度が増してきました。2年ぶりだと忘れています。
間ノ岳
間ノ岳のピーク!北から見るとかっこいいです。しかし、間ノ岳の下りは長いクサリがあり注意。本日もここで死亡事故が発生していました。
天狗岳
間ノ岳を越えたら次は天狗岳です。
間天ノコルから天狗岳の登り
間天ノコルから天狗岳の登りは、ちょっと岩登りっぽく楽しめる場所です。
クサリがあるのが残念!(笑
天狗岳
天狗岳の下りもすこし悪いです。天狗のコルへ降りる部分はとくに注意します。

天狗のコル~ジャンダルム・奥穂高岳

ジャンダルムの登り
天狗のコルからは、いよいよ奥穂本体への登りです。前にはジャンダルムが立ちはだかります。
ジャンダルムの登り
ガレ場を過ぎたら比較的安定した岩場を登っていきます。
ジャンダルムの登り
前には壁のように岩が立ちはだかります。
畳岩の頭
ピークが見えてきました。そこは、ジャンダルム、、、ではなく、畳岩の頭ですね。
畳岩の頭からジャンダルム
そしてこれがジャンダルムのピークです。ガーラガラ
ジャンダルムから奥穂高岳
ジャンダルム頂上からは最高のパノラマ。奥穂高のほうも見えてきました!頂上はけっこうな人で賑わっています。
奥穂からピストンする人もいるようで、人口密度が一瞬高くなります(汗
ジャンダルムのピーク

奥穂側からみるジャンダルムです。やっぱりこの勇姿がいいですね!
ジャンダルムのピークとロバの耳
さて、ジャンダルムから先はロバの耳を通過し、トラバースとクライムダウンを交え、最後の馬ノ瀬というナイフリッジを超えれば、奥穂高頂上は間もなくです。
馬の背と奥穂高岳
この日は本当に、奥穂高頂上でも360度の景色を堪能。最高の一日となりました。

 

3日間のガイドルート|西穂~奥穂高縦走

①新穂高-西穂山荘
②西穂高-西穂高岳-天狗岳-ジャンダルム-奥穂山荘
③白出沢-新穂高

 

西穂高から奥穂高の縦走コースは、落石と滑落の危険がある長いコースです。一般にはロープやヘルメットなど必要な装備と体力、軽量化で歩く必要があります。

 

1クリック感謝⇒ 登山ランキング

世界人類が平和でありますように

 

こんな記事も読まれています

 


レビュー!パタゴニア 道具・モノ・デジタル 山の情報 山のよもやま話 about