トレントシェルを買う前に|パタゴニア レインの選び方

トレントシェルを買う前にーパタゴニア レインウェアのあれこれ

パタゴニア,トレントシェル,ストレッチジャケット,レインウェア

パタゴニアの雨具お話です。パタゴニアのレインウェアといえばトレントシェルですが、レインを買う前にすこしチェックしておきたいことをご紹介します。レインジャケットを選ぶ際に参考になれば幸いです。
上位雨具のレインシャドーの記事も書きました!


↓ココクリックしてね(✿❛◡❛)ゞ
登山ランキング

パタゴニア

パタゴニアのレインウェア

パタゴニアには、かつてレインシャドウジャケット、ジェットストリームジャケットという二種類の雨具で出していました。
どちらもH2NOの防水ジャケットでしたが、性能はもうひと越え…、という使い勝手でした。
その後、トレントシェルが破格な値段設定で登場しました。

 

パタゴニアのハードシェルは現在ゴアテックスメンブレンと、パタゴニアの開発メンブレンであるH2NOを使ったものがあります。
そのうち、標準的なレインウェアであるトレントシェルにはH2NOが使われています。
防水フィルムH2NOとは、パタゴニアの規格に基づいた防水規格です。
2014年より、ゴアテックスのハードシェルも採用されましたが、トレンントシェルはH2NOベースとなっています。

 

トレントシェルジャケットとトレントシェルストレッチジャケット

現在日本で発売されているレインウェアは、コスパ優先のトレントシェルジャケット-ジャパンスペシャル、そしてアルパイン向けのトレントシェルストレッチジャケットという2種類があります。
この違いは詳しくはこちらのサイト
タゴニアのトレントシェル|雨対策にレインウェア
を参照してもらうとわかります。

トレントシェルのH2NOは2.5層となっていて、ちょうどゴアテックスパックライトのような位置づけです。裏地はツルツルとした感じです。表の生地は起伏したパターンで磨耗に耐えつつ水分コントロールをする仕組みです。

 

レインウェアを選ぶときのチェック

ところでレインを買う決め手となる要素を記してみます

着心地

これはとても大事です。来てみて違和感のないものがよいですね。最近ではメンブレンの裏地が特殊な素材のものもあったりします。

ベンチレーションサイドジッパー

換気ができるかどうかは、かなり差がでます。
ゴアのアクティブシェルだとか、イーベントだとか、ドライQだとか蒸気の抜けの性能を競う前に、脇下のサイドジッパーの換気がそのすべてを解決してくれることでしょう。
確かに素材の性能は重要ですが、それは構造デザインあっての高機能素材なのです。

ジッパーなどの操作性

ここを注視するひとは少ないかもしれませんが、雨風のひどい状況をイメージしてください。
そのときジッパーが固くて上がらないとか、そんな操作性の悪いものは不快を生むだけです。
止水ファスナーは若干硬いかもしれません。通常のジッパーはスムーズですがフラップにかんだり、ボタンやベルクロがついているフラップは使いにくいでしょう。

フードのフィット

見落としがちですが、これも重要です。素材も構造もよいのに、フードをかぶるとつばが上を向く、つまり頭にしっかりとかぶれないというレインジャケットがあります。サイズで調節するということもありますが、まずはしっかりフィットしたデザインとサイズであることが前提です。フードの余裕があるものが良いですが、大き目のサイズにすると、風がふくとフードが脱げてしまいます。必ずフードをかぶってジッパーを上げて、フードが外れない構造かどうか確認します。ヘルメットを使う場合はそれも考慮します。

袖の作りがいい加減じゃない

これもチェック必要です。マジックテープの位置や強さなど確認しましょう。

 

これらの要素と、ご自身が、どの程度の山に、どの時期を主に歩くのかを考慮して、理想的なものを選んでください。
何がいい、というわけではなく、用は使い分けができるような買い方が賢いといえます。

 

初心者モデルとしてはトレントシェルジャケットがおすすめ


18360円(ジャケットのみ)というコストパフォーマンスで、仕様にはまったく問題が無いと思います。
フラップもすごくスリムで、デザインはストレッチジャケットに近い、良い構造です。
脇下のベンチレーションジッパーもあり、ポケットを裏返せば収納袋になります。
重量はWsで286gと軽量。
一般登山レベルにおいては、問題ありません。

 

岩稜歩きやバリエーションにはトレントシェルストレッチジャケット

※現在廃版です
トレントシェルストレッチジャケットの特徴ですが、その名前のとおり、ストレッチ素材のナイロンが採用されています。
といっても、全部分ではなく、肘の折り曲げ部分から袖下、そして、背中の上部です。脇の下にマチ付き構造となっていますので、岩登りなどで腕を上げたり体をひねったりする動作でも負荷とジャケtットのズレを出さないような構造になっています。そしてヘルメット着用仕様のフードです。
見た目にも、止水ジッパーが採用されていてちょっとかっこいいですね。

 

2016年現在、トレントシェルストレッチジャケットに代わり、超軽量化された、ストレッチレインシャドージャケットになっています。
復活!レインシャドージャケット|パタゴニア雨具トレントシェルを凌駕する

パタゴニア

 

1クリック感謝⇒ 登山ランキング

世界人類が平和でありますように

関連記事

パタゴニアのナノエアまたが進化|ナノエアライトフーディ&ナノエアライトパンツ
全天候対応雪山ハードシェルパンツ|トリオレットパンツはレフュジティブパンツよりおすすめ!?
真夏の猛暑登山におすすめ!パタゴニアのギⅢ(GiⅢ)パンツ
ナノパフ復活|ナノパフ ビビー プルオーバーの違い
復活!レインシャドージャケット|パタゴニア雨具トレントシェルを凌駕する
雪山にも使えるバックカントリーザック|パタゴニア スノードリフター40L
パタゴニアR3の時代がキター|R2以上に進化したフリース
パタゴニアのゴアテックスCニットのハードシェル|レフュジティブジャケットが軽やかすぎる
ソフトシェルの定番パタゴニアのアズハイブリッドジャケット着てみる
もうダメなのか?!パタゴニアの最軽量インナーダウン・ウルトラライトダウンジャケット
ハードなソフトシェル!?|パタゴニア ナイフリッジジャケット
クライミング用ザック|パタゴニアのクラッグスミスパックがなかなかいい
パタゴニアのアンダー・メリノも刷新|そしてメリノエアってなんだ!?
新しくなったパタゴニア・キャプリーン2015~|おすすめと選び方
ライト&ファストで八ヶ岳を駆け巡る|パタゴニア ナイントレイルズパックとオールウェザーフーディ
新感覚!ソフトシェルジャケット|レビテーションフーディとオールフリージャケット
ナノパフを凌ぐナノエア|パタゴニアの革命的インサレーション
ウルトラライトダウンジャケット|理想的なインナーダウン
パタゴニアR2に迷いなし|進化したフリースの定番
ナノパフとR1・R1フーディについて|パタゴニアのウェア着こなし
ナノパフ プルオーバーを選ぶ理由
パタゴニア アルパインフーディニとフーディニの違い|今後の雨具のあり方を考える
ナノパフベストというチョイス
アルパインソフトシェル|サイマルアルパインパンツ
やっぱ R1プルオーバー|パタゴニアベストウェアはこれ!
パタゴニア フーディニ 山で使ってみた
アルパイン・フーディニ・ジャケットだってばよ|紹介!パタゴニア
進化するダウンジャケット|パタゴニアの名盤・ダウンセーター
ダウンベストとウルトラライトダウンベスト|パタゴニアのベストが実はおすすめ
古き良きレトロXフリース|ジャケットとベスト+ロスガトス
アウトドアなショルダーバッグ|パタゴニアのアトム
アセンジョニストパック レポート!
キター! アセンジョニストパック♪|パタゴニアの本気ザック
パタゴニアのフリース比べ|マイクロD1/4ジップ
パタゴニアのパフォーマンスベターセーター・フーディ
ベターセーター買ってみた|パタゴニアのカジュアルウェア
RPSロックパンツ|パタゴニアの新クライミングパンツ
アーバーパック!サミットパックを引き継ぐ名作

レビュー!パタゴニア 道具・モノ・デジタル 山の情報 山のよもやま話 about