雪山用ハードシェルジャケット|パタゴニアの2019/20モデル比較してみて、そして選んだのは…

雪山用ハードシェルジャケット|パタゴニアの2019/20モデル比較してみて、そして選んだの…

パタゴニア,ハードシェル,違い,選び方,雪山,登山

雪山にはまだ早いですけど、今シーズン用にハードシェルジャケットを買うことにしました。
パタゴニアの雪山アウタージャケットは、プルマ・ジャケット、アセンジョニスト・ジャケット、トリオレット・ジャケット、ガルヴァナイズド・ジャケットの4種類。
違いや性能を比較して、最適な一着を選んでみます。


パタゴニアのハードシェル|プルマ・ジャケット、アセンジョニスト・ジャケット、トリオレット・ジャケット、ガルヴァナイズド・ジャケットについて

2019/20シーズンの雪山アルパインクライミング用のハードシェルは4種類となっています。
プルマ・ジャケット
アセンジョニスト・ジャケット
トリオレット・ジャケット
ガルヴァナイズド・ジャケット

もういきなりですが、違いを比較してみました

 

ガルヴァナイズド ジャケット トリオレット ジャケット アセンジョニスト ジャケット プルマ ジャケット
定価 49140円 55080円 68040円 75600円
防水 H2NO 3層 ゴアテックス 3層 ゴア Cニット ゴア プロシェル
生地厚 4.5オンス 50デニール 5オンス 75デニール 2.5オンス 30デニール 3.4オンス 40デニール
重量 527g 550g 371g 414g
ハーネス・ヘルメット対応 〇

明記できそうなものはこの程度です。
4着すべてデザインは同じような感じで、若干のポケットやドローコード・ジッパーなどに違いはありますが、昨シーズンから大幅な改良が無く、ほぼ完成されたデザインであることは確かです。
両サイドポケットチェストポケット脇下の換気ジッパーなどはすべてに装備されています。

 

ベーシックなトリオレット|長持ち&オールマイティジャケット


トリオレットジャケットは基本、厚めの生地&ゴアテックス3層というベーシックな構造で、雪山ジャケットのスタンダードともいえます。
生地の厚みはもっとも厚く、それだけに防寒性は高く、耐久もピッケルや藪などで生地を破損しにくいかと思います。
流行りの伸縮性もないので、経年劣化も比較的少なく長持ちするのではないでしょうか?
コスパ重視でも重量を重要視しない体力派向け。

 

高コスパのガルヴァナイズド|ストレッチ性も高いジャケット


ガルヴァナイズドは、パタゴニア独自のH2NOの防水ファブリクスを採用しています。ゴアテックスとほぼ同等の防水素材ですが、自社製品のため、コストを抑えることができます。しかも、雪山ですから、雨の侵入は考える必要なく、H2NOで十二分の素材です。
特筆するのは、ナイロン生地にストレッチ性があるため、非常に動きやすくなっています。冬季の厚着してのクライミングなどは、腕上げが多少なりともゴワゴワするのですが、ガルヴァナイズドはそれを軽減してくれるジャケットです。
アイス&アルパインクライミング派にはおすすめです。

 

透湿性最高のアセンジョニスト|Cニット採用の最軽量ハードシェル


アセンジョニストは軽量化を最優先にしたアルパインジャケットです。
ゴアテックスCニットは、裏地に起毛素材(毛細管現象)を採用した、透湿発散性の非常に高い防水素材で、激しい運動での発汗で体を冷やさないことに一役かってくれます。
裏地の肌触りがよいのも特徴です。
春先の気温の高い時期でも快適に使えます。
ライト&ファースト派はこれ!

 

全てを最高ランクにするプルマ|プロシェル採用の軽量プロテクションジャケット


プルマジャケットはゴアテックス プロシェルを採用しています。もうこれだけで、ジャケットが最高に良いというのがわかります。
プロシェルは通常のゴアテックスよりも強度が高く、ハードの中のハード仕様といっていい素材です。
それゆえ、ナイロン素材を薄くして軽量であり、裏地の肌触りもなかなかです。
すべての雪山をこなす、高バランスのプロ仕様ジャケット。
コスパを気にしないあなたに!

 

今期私が選んだハードシェルジャケット|アセンジョニスト ジャケット


4種類を比較して、選んだのは今シーズンより新登場したアセンジョニストジャケットです。
パタゴニア,ハードシェル,違い,選び方,雪山,登山
アクティブシェルことゴアテックスCニット採用で、最軽量だったのが、買いの決め手ですね。
もう、年齢的にも…
軽いがイチバン!(笑)

 

ジャケット4種とも着用したわけではないですが、長年いろんなパタゴニアのジャケットを着ていますので、フィット感や着心地はどれも良いというのはわかります。
今年は、素材以外に差というものがあまり無いので選びやすかったですね。

 

パタゴニア,ハードシェル,違い,選び方,雪山,登山
Cニットの裏地は肌触りがよくて私は好きです。
そのうえ、生地が薄くて軽いです。

 

パタゴニア,ハードシェル,違い,選び方,雪山,登山
実測値でMs XSサイズは335gです。
もう300g台のジャケットを着てしまうと、この軽さの信者になってしまいますね。

 

パタゴニア,ハードシェル,違い,選び方,雪山,登山
内側にゴーグルなど収納できるメッシュポケットがついているのもGOOD!

 

他、袖のベルクロやフードのドローコードなどの仕様は昨シーズン同様問題無しです。
仕事のモチベーション上がってきました!(かも

関連記事

日本の暑い夏山登山に使えるパンツ|パタゴニア コージーパイクパンツとRPSロックパンツ
フーディニとフーディニエア どう違うんだ?|重宝しているパタゴニアのライトソフトシェル
この夏も!パタゴニアのキャプリーン・クール・デイリーとクール・フーディ
新しくなったパタゴニア・キャプリーン|おすすめと選び方
これが欲しかった!|パタゴニアのワークウェア
夏山パンツ|パタゴニア コージーパイクパンツとストーニークロフトパンツ
登山用ザック|パタゴニアのナイントレイルズパック
パタゴニアの最新レインウェア手に入れてみた|クラウドリッジジャケット&パンツ
復活!レインシャドージャケット|パタゴニア雨具トレントシェルを凌駕する
トレントシェルを買う前に|パタゴニア レインの選び方
アウトドアなショルダーバッグ|パタゴニアのアトム
パタゴニア フーディニ 山で使ってみた
真夏の猛暑登山におすすめ!パタゴニアのギⅢ(GiⅢ)パンツ
RPSロックパンツ|パタゴニアの新クライミングパンツ
ナノパフを凌ぐナノエア|パタゴニアの革命的インサレーション
パタゴニアのナノエアまたが進化|ナノエアライトフーディ&ナノエアライトパンツ
やっぱ R1プルオーバー|パタゴニアベストウェアはこれ!
最軽量のインサレーション|ナノパフからマイクロパフ フーディへ!
パタゴニアのアトム スリング 最新モノは使い心地が変わってた
これは軽い…ガルヴァナイズドパンツ|パタゴニア ハードシェルパンツ
パタゴニア アルパインフーディニとフーディニの違い|今後の雨具のあり方を考える
アルパイン・フーディニ・ジャケットだってばよ|紹介!パタゴニア
全天候対応雪山ハードシェルパンツ|トリオレットパンツはレフュジティブパンツよりおすすめ!?
ナノパフ復活|ナノパフ ビビー プルオーバーの違い
雪山にも使えるバックカントリーザック|パタゴニア スノードリフター40L
パタゴニアR3の時代がキター|R2以上に進化したフリース
パタゴニアのゴアテックスCニットのハードシェル|レフュジティブジャケットが軽やかすぎる
ソフトシェルの定番パタゴニアのアズハイブリッドジャケット着てみる
もうダメなのか?!パタゴニアの最軽量インナーダウン・ウルトラライトダウンジャケット
ハードなソフトシェル!?|パタゴニア ナイフリッジジャケット
クライミング用ザック|パタゴニアのクラッグスミスパックがなかなかいい
パタゴニアのアンダー・メリノも刷新|そしてメリノエアってなんだ!?(キャプリーンエア
ライト&ファストで八ヶ岳を駆け巡る|パタゴニア ナイントレイルズパックとオールウェザーフーディ
新感覚!ソフトシェルジャケット|レビテーションフーディとオールフリージャケット
パタゴニアR2に迷いなし|進化したフリースの定番
ナノパフ プルオーバーを選ぶ理由
ナノパフベストというチョイス
アルパインソフトシェル|サイマルアルパインパンツ
最高峰の温かさだなコレは|パタゴニア ハイパーパフジャケット&フーディ
進化するダウンジャケット|パタゴニアの名盤・ダウンセーター
古き良きレトロXフリース|ジャケットとベスト+ロスガトス
アセンジョニストパック レポート!
キター! アセンジョニストパック♪|パタゴニアの本気ザック
パタゴニアがオーガニックなビールを販売しだしたので飲んでみました
パタゴニアのパフォーマンスベターセーター・フーディ
ベターセーター買ってみた|パタゴニアのカジュアルウェア
アーバーパック!サミットパックを引き継ぐ名作
なかなか良い!パタゴニアのエアディニキャップ