やっぱ R1プルオーバー|パタゴニアベストウェアはこれ!

もっとも使用頻度の高いフリース。パタゴニアR1

R1,パタゴニア,プルオーバー,フリース

パタゴニアの中で、なにかひとつ選ぶとしたら、このR1プルオーバーです。
山岳ガイドとして、たいてい着用してます。シンプルでも、なくてはならない存在のフリースがR1でした


↓ココクリックしてね(✿❛◡❛)ゞ
登山ランキング


もうね、とりあえず、なにか服を選べっていわれたら、
考える前にでてくるのがこのR1ですね。

 

サラリーマンの方がスーツを着るように、私はR1を着て山へお仕事にでかけます。
それくらい定番中の定番です。ユニフォーム、作業着、ですね。

 

写真のものは、8年前のR1プルオーバーです。袖のところがほころんで、穴が空いてきました。
ほかの部分はまだまだ着れますので、夏になったら袖を切って半そでに・・・・・(マテ
というのは冗談ですが、古くなったら部屋着とか作業用にしています。

 

R1,パタゴニア,プルオーバー,フリース

R1は常に3着は置いています。
私の場合夏などは洗濯する間もなく山に帰っていきますので、
R1は何着あってもいいです。

 

現行のR1は、複雑なデザインを避け、無駄な生地をださないように、コストを抑え、
環境ダメージをへらしつつの、機能性を高める方向
作りこまれています。
素材はポーラテックに変わってからは、動きも軽さもよくなりました。

 

大きな特徴としては、生地がグリッド構造(エンボス)なので通気性がよく、
この生地こそが、多様性を生み出しているのだと思います。

 

個人的にはプルオーバーで、チェストポケットがついている、
というのがかなりHITしまして、このウェアだけは、
いつまでも着続けられると確信しています。

 

こちらのHPの記事も参考に!

フリースの基本|パタゴニア R1・R1フーディ

 

 

1クリック感謝⇒ 登山ランキング

世界人類が平和でありますように

関連記事

パタゴニアのセール|サマーセール
パタゴニアのアトム スリング 最新モノは使い心地が変わってた
パタゴニアの最新レインウェア手に入れてみた|クラウドリッジジャケット&パンツ
パタゴニアのナノエアまたが進化|ナノエアライトフーディ&ナノエアライトパンツ
全天候対応雪山ハードシェルパンツ|トリオレットパンツはレフュジティブパンツよりおすすめ!?
真夏の猛暑登山におすすめ!パタゴニアのギⅢ(GiⅢ)パンツ
ナノパフ復活|ナノパフ ビビー プルオーバーの違い
復活!レインシャドージャケット|パタゴニア雨具トレントシェルを凌駕する
雪山にも使えるバックカントリーザック|パタゴニア スノードリフター40L
パタゴニアR3の時代がキター|R2以上に進化したフリース
パタゴニアのゴアテックスCニットのハードシェル|レフュジティブジャケットが軽やかすぎる
ソフトシェルの定番パタゴニアのアズハイブリッドジャケット着てみる
もうダメなのか?!パタゴニアの最軽量インナーダウン・ウルトラライトダウンジャケット
ハードなソフトシェル!?|パタゴニア ナイフリッジジャケット
クライミング用ザック|パタゴニアのクラッグスミスパックがなかなかいい
パタゴニアのアンダー・メリノも刷新|そしてメリノエアってなんだ!?
新しくなったパタゴニア・キャプリーン|おすすめと選び方
トレントシェルを買う前に|パタゴニア レインの選び方
ライト&ファストで八ヶ岳を駆け巡る|パタゴニア ナイントレイルズパックとオールウェザーフーディ
新感覚!ソフトシェルジャケット|レビテーションフーディとオールフリージャケット
ナノパフを凌ぐナノエア|パタゴニアの革命的インサレーション
パタゴニアR2に迷いなし|進化したフリースの定番
ナノパフ プルオーバーを選ぶ理由
ナノパフベストというチョイス
アルパインソフトシェル|サイマルアルパインパンツ
パタゴニア アルパインフーディニとフーディニの違い|今後の雨具のあり方を考える
パタゴニア フーディニ 山で使ってみた
アルパイン・フーディニ・ジャケットだってばよ|紹介!パタゴニア
進化するダウンジャケット|パタゴニアの名盤・ダウンセーター
古き良きレトロXフリース|ジャケットとベスト+ロスガトス
アウトドアなショルダーバッグ|パタゴニアのアトム
アセンジョニストパック レポート!
キター! アセンジョニストパック♪|パタゴニアの本気ザック
パタゴニアのパフォーマンスベターセーター・フーディ
ベターセーター買ってみた|パタゴニアのカジュアルウェア
RPSロックパンツ|パタゴニアの新クライミングパンツ
アーバーパック!サミットパックを引き継ぐ名作

レビュー!パタゴニア 道具・モノ・デジタル 山の情報 山のよもやま話 about