石鹸を使わない生活|全然かゆくないし

石鹸を使わない生活|全然かゆくないし

石鹸をつかわない生活。アトピーにならないために

先に石鹸を使わない入浴|自然派生活という記事を書きましたが、その後の経過報告と、まとめです。
これだけ山に自然の中に身を置いていて、結局は環境を破壊する現代人に変わりは無いという、なんとも言えない(自然にとけ込めない)気持ちがありました。しかし、それは、(刷り込みによる)単なる思い込みだったと思う今日この頃。
石鹸、もはや入浴生活に不要になりました。



石鹸を使わないでいると皮膚のかゆみが止まった!

私は顕著なアトピーやアレルギーはありません。(その後、遅延型アレルギーが発覚しています)でも、体がすぐにかゆくなる体質です。いや、体質と思っていました。急に暖かい室内に入ったり、お酒を飲んだときや、乾燥したところだと、顔や鼻がかゆくなったりします。また、ウール製品はチクチクが気になってダメでしたし、他の衣服を着ているだけでもかゆくなってました。
しかし、石鹸やシャンプーをやめてからはや4ヶ月、いまのところ、かゆみはかなり治まってしまっています。

 

石鹸が汚れ以上に大事なものを落としていた

はじめは、石鹸を使わないと気持ちが悪く、垢がたまってよけいにかゆくなるのではないか?と疑っていました。
でも、よく考えると、山小屋なんかでいる人は、そんなにしょっちゅうお風呂に入れるわけでもないのに、「山ではかゆい」なんて聞いたことありませんね。(汗かいて暑いとやっぱかゆいですけど)
ところで、汚いってなんでしょう?

なんとなく石鹸を使わなくなってから気づいたこと。

体には数千万単位の常在菌が存在しています。空気中にもいます。その中には、体に影響を及ぼす菌もいるのですが(不良)、その菌が悪いから排除する、というのが洗い流すということなんでしょうが、先の消毒とガーゼは反医療行為だったの発想と同じで、悪い菌(不良)がいるから悪いのではなく、いても悪さをしないようなバリアー(油分)が必要なのだと理解しました。
そう、皮膚を守っているのが油分というシールドなんですねー。
(追記:最近はマイクロバイオータということがわかってきて、体にいる菌叢のバランスが非常に大切だってこともあります。化学物質などに過剰反応してしまうのは、最近の医療や食生活なども十分関係していると断言できそうです)
石鹸で洗うと油分が落ちてしまうので、かゆくなって、カサカサ乾燥肌になったり、あげくにはアトピーになったり…
ベタベタして気持ち悪い、ってだれが言ったの?
確かに山に登ってて、3日も風呂にはいらないとベタベタして気持ち悪いです(笑
長いこと入浴しないと、石鹸が泡立たないのでよくわかります。
でもそれと、石鹸を使わないとベタベタして気持ち悪い、とは関係がなかったです。
はじめは、すぐに石鹸を使ったりしていましたが、今はあまり使わなくなっています。
ベタベタ?それほどでも無いです。
カサカサも無し。
臭い?そんなに感じません。
かゆい?石鹸で洗ってたときはかゆかったです。
しばらく続けていると気づきます。お風呂からあがってもさっぱりだし、ベタベタなんてしませんね。そして、カサカサもしません。
乾燥肌の人にはとくにおすすめですね。

 

化粧品メーカーに騙されている?

そうです、よけいな出費をさせているだけだったんです。
そもそも、近代になるまでには、だれも石鹸なかったはずです。
お侍さんシャンプーしらないでしょう(笑
アトピーやアレルギーがだんだん増えてきている昨今、もう食品ひとつとってもアレルギー表が掲載しています。異常といわずに何というのか…
おそらくこんな流れが出来ています。
市民の皮膚がやられるのはばい菌のせいだ!
化粧品絡みの会社が恒久的に儲かる仕組み
制約会社も化粧品会社もさらに儲かる
石鹸やシャンプーで、土壌もさらに汚れる
止めないで!せめてオーガニックにして!(笑
いいこと無し!
そして、石鹸シャンプーをやめると、いいことだらけだったり…

 

私流、上手な石鹸をつかわない入浴法

簡単です!
ただ、ゆっくりお湯に使ってリラックスさせるだけです。
体が温まるまで、出たり入ったりしてもOK。しっかり体の汚れを浮かします。
とにかく洗う時間が無いので、そのぶんお風呂も楽ですし、ゆっくり浸かれます。
そして、ここからがポイント!
上がるとき、たいてい、バスタオルで体についたお湯をふき取るでしょう?
そのとき、水分をふき取るのではなく、体の余計な油分をしっかりぬぐうようにふき取ります。
タオルをパタパタと当てるのではなく、油をふきとるようにしっかりぬぐってください。
そうすることで、無駄な油分と汚れをふき取り、、最低限の油分は体にのこします。
これで、あがったら、さっぱりしますよ!
追記:ときどき石鹸を使うときも、なるべく余計なものが入っているものよりもシンプルな固形石鹸で良いと思います。

 

頭は?シャンプーしないと油がひどい

頭はたしかに油分が多くベトベトですね。
私もはじめは、シャンプーだけは使っていました。
でも、やめたら、フケが止まりました。
気になる方は、はじめは何日かに1回はシャンプーするといいのではないでしょうか?
そのうち、頭がベトベトしなくなると思います。
追記:シャンプーも時々使います。とくに屋外でてほこりまみれとか、あくまでもべたべたするときですね。シャンプーというか、私はいまはスキンヘッドなのでボディーソープであらっていますけど(笑)
ただ、ボディーソープの詰め替え用を一年に一回買うか買わないかってところですね。追記終わり

 

 

ようするに、石鹸やシャンプーを使いすぎるので、乾燥して、体がよけいに油を分泌するんです。
油切れの状態を、お金をだしてわざわざ作っていたんですね。
それをやめれば、そのうち、自然な状態になるのではないでしょうか?

 

他者の感想
はじめはIさんに教えていただきました

 

石鹸をやめて肌が改善された人の記事です
「シャンプーとリンスと石鹸は使わない方がいい」を1年間実践してみた結果報告

 

楽譜の風景というサイトに脱石鹸の効用というのがありました。
抜粋します
1 必要な常在菌を保てるため清潔になります
2 皮脂腺が小さくなるので体臭が軽減します
3 角質層が厚くなり、毛穴が小さくなるため肌のキメが細かくなります
4 髪がしっかりし抜け毛も防げます
5 風呂では洗う作業が必要無くなり時間短縮できます
6 石鹸を落とすための水が不要となります
7 風呂上りの保湿メンテナンスが不要(化粧水、乳液等による)
8 石鹸、シャンプー、リンス、ボディーシャンプー、リキッドファンデーション、化粧水、乳液などを購入しなくて良い
9 化粧をしている人は地肌が化粧をしていない頃の肌に戻るため、場合によってはしなくてもよい
10 いろんなボトルが不要になり部屋や風呂場がすっきりします
11 時間、お金、空間が有効に使えるようになるばかりではなく、より清潔になります。

 

 

 

※まったく石鹸を使わないということではないので、誤解のないように。

 

2019追記 万能酵母がおすすめ!

万能酵母がめちゃいい感じです。
いまは万能酵母を作って飲んでいますが、これで体を洗ったりお風呂にいれたりすることができますよ。
詳しい記事はコチラをご覧ください

 

万能酵母液というのを作ってみた|自宅で簡単にできる体質改善方法と聞いて