パタゴニアの最新レインウェア手に入れてみた|クラウドリッジジャケット&パンツ

パタゴニアの最新レインウェア手に入れてみた|クラウドリッジジャケット&パンツ

パタゴニア,雨具,クラウドリッジ,レイン,

ときどきパタゴニア好きな方からのメールがくるのですが、クラウドリッジジャケットの記事を書いてほしいというメールが来まして、さっそくジャケットとパンツを買ってみました。
って、毎回要望あれば買ってるわけじゃないですよ!次々にリクエストメールが届くとこまりますから(笑)


↓ココクリックしてね(✿❛◡❛)ゞ
登山ランキング

トレントシェルを改善!?雨の中でも快適なクラウドリッジジャケット&パンツ

パタゴニア,雨具,クラウドリッジ,レイン,
この記事を書いている時点ではまだ冬ですので、使い込んでいませんが(追記をしていく予定)、着た感じと構造などを紹介します。
基本的なデザインはパタゴニアのトレントシェルジャケットと似ていますが、違いもはっきりしています。

クラウドリッジジャケットとパンツ

クラウドリッジは防水透湿素材にH2NOをつかっていますが、トレントシェルのような裏地がつるつるしてなくて、ある意味夏場のべたつくような不快感を解消させていました。
パタゴニア,雨具,クラウドリッジ,レイン,
WEBではよくわからなかったのですが、届いたものを見ると、3層構造のゴアテックス(ノーマル)の裏地に酷似しています。
風合いも肌触りもにています。H2NO2.5層のとトレントシェルからは、かなりの変わりようですね。
ただ、すこし辛口にいえば、ゴアには、もっとさらっとした強度のあるプロシェルや、Cニットという上位素材があるので、H2NO的にいえば、まだまだ改良の余地はのこっていますね。
とはいえ、ゴアなみの裏地感がでたのは良いと思います。

 

デザイン構造は概ね他の防水シェルと同じ

パタゴニア,雨具,クラウドリッジ,レイン,
一応計量器で計ってみます。358gでした・・・
あれ!?パタゴニアのサイトでは391gです。
これはおそらくMサイズかLサイズの重さだと思います。。
パタゴニア,雨具,クラウドリッジ,レイン,
私が冬季に使っている超軽量のハードシェル(レフュジティブジャケットXS)ですら公称値425g/実測408gでした。
着た感じは、すっきりしていて、薄型のハードシェルよりも軽く、雨具としては、ノーマル。ゴアのプロシェルとくらべるとすこし硬さがあり、レインシャドーほどのフニャフニャ感がありません。いい意味で王道的なレインです。
Sサイズ(いつもはXS)にしたせいか、ヘルメットはすっぽりはまりますが、フードはジッパーを上げても外れます(たぶんXSだと外れない)。
注意したいのは、脇下の換気ジッパーはありません。代わりにハンドウォーマーポケットがメッシュ構造になっていますので、そこで換気はできますが…
それから、ミニポーチ付きです。

 

これは欲しかった~クラウドリッジパンツ

パタゴニア,雨具,クラウドリッジ,レイン,
パンツのほうですが、これはかなり使えそうです。
何せ膝よりすこし高い位置まで裾のサイドジッパーが深めに切ってあります。
一応パタゴニアのほうに確認してから買ったのですが、ジッパーは上からも開けることができます。
パタゴニア,雨具,クラウドリッジ,レイン,
ここが重要で、上から開口させることで、暑い時期の換気が非常によくなります。
とにかく、膝の換気!これが大事だと思うわけです。
個人的には太ももあたりまでジッパーが付いていてほしかったのですがね。
なぜかというと、真夏の暑い時期に雨の上高地-横尾なんかを傘をさして歩くのに、それでも膝くらいまでは、やはり雨が降り込んできます。腿のあたりからジッパーを開けられると、大雨だろうが無敵換気状態になるんですね(笑)

 

トレントシェル・クラウドリッジ・レインシャドーを比べてみた

パタゴニア,雨具,クラウドリッジ,レイン,
雨具として、すでにラインナップされているトレントシェルとストレッチレインシャドーをクラウドリッジと比較してみます。
パタゴニア,雨具,クラウドリッジ,レイン,
こうしてみると、いままでに3層の防水雨具というのがまともになかったわけですね(笑)
安価なトレントシェル・超軽量のストレッチレインシャドー、そして、3層のクラウドリッジがでたので、パタゴニアの雨具にも選択肢が増えたといっていいでしょう。
用途や目的、予算に合わせてチョイスできますね。
個人的結論としては、やっぱりレインシャドーが最軽量で真夏の暑さに対応している優れたアイテムといえます。
クラウドリッジは後発ではありますが、トレントシェルを他者のゴアテックス雨具の仕様に沿わせたような感じですね。

 

私の個人的なおすすめパターンは!?

先にストレッチレインシャドージャケットを使っていますので、この軽量感とベンチレーション・そして、肌ざわりも悪くないというかなり理想的な雨具を手にしていますので、やはり私の場合は夏中心でストレッチレインシャドーをおすすめします。6月の雨季のうだるような湿気と暑さの中でのいやおうなしの雨具着用を想像すればこそでしょうかw
ただし、パンツは強度があったほうが良いです。
ここで、クラウドリッジパンツの登場です!効果的なサイドジッパー付きで、かつ強度のあるアイテムが役に立ちます。雨具の防水性が一番はやく終わるところは、なんといってもパンツの膝とおしりの部分です。
クラウドリッジは3層で強度がありますので最適です。また、下半身は上半身よりも汗をかきにくいので、少々厚手でも、サイドジッパーで膝があけられれば問題ないでしょう。
ということで、上はストレッチレインシャドー、下はクラウドリッジパンツ、という組み合わせはいかがでしょうか?
トレントシェルジャケットにクラウドリッジパンツというのもよいと思いますし、雪山をしない人は、上下クラウドリッジなら冬の低山含めシーズン通して使えます。

 

1クリック感謝⇒ 登山ランキング

世界人類が平和でありますように

関連記事

パタゴニアのセール|サマーセール
最軽量のインサレーション|ナノパフからマイクロパフ フーディへ!
これは軽い…ガルヴァナイズドパンツ|パタゴニア ハードシェルパンツ
パタゴニアのナノエアまたが進化|ナノエアライトフーディ&ナノエアライトパンツ
全天候対応雪山ハードシェルパンツ|トリオレットパンツはレフュジティブパンツよりおすすめ!?
真夏の猛暑登山におすすめ!パタゴニアのギⅢ(GiⅢ)パンツ
ナノパフ復活|ナノパフ ビビー プルオーバーの違い
復活!レインシャドージャケット|パタゴニア雨具トレントシェルを凌駕する
雪山にも使えるバックカントリーザック|パタゴニア スノードリフター40L
新しくなったパタゴニア・キャプリーン|おすすめと選び方
パタゴニアR3の時代がキター|R2以上に進化したフリース
パタゴニアのゴアテックスCニットのハードシェル|レフュジティブジャケットが軽やかすぎる
ソフトシェルの定番パタゴニアのアズハイブリッドジャケット着てみる
もうダメなのか?!パタゴニアの最軽量インナーダウン・ウルトラライトダウンジャケット
ハードなソフトシェル!?|パタゴニア ナイフリッジジャケット
クライミング用ザック|パタゴニアのクラッグスミスパックがなかなかいい
パタゴニアのアンダー・メリノも刷新|そしてメリノエアってなんだ!?
パタゴニアのアトム スリング 最新モノは使い心地が変わってた
トレントシェルを買う前に|パタゴニア レインの選び方
ライト&ファストで八ヶ岳を駆け巡る|パタゴニア ナイントレイルズパックとオールウェザーフーディ
新感覚!ソフトシェルジャケット|レビテーションフーディとオールフリージャケット
ナノパフを凌ぐナノエア|パタゴニアの革命的インサレーション
パタゴニアR2に迷いなし|進化したフリースの定番
ナノパフ プルオーバーを選ぶ理由
ナノパフベストというチョイス
アルパインソフトシェル|サイマルアルパインパンツ
やっぱ R1プルオーバー|パタゴニアベストウェアはこれ!
パタゴニア アルパインフーディニとフーディニの違い|今後の雨具のあり方を考える
パタゴニア フーディニ 山で使ってみた
アルパイン・フーディニ・ジャケットだってばよ|紹介!パタゴニア
進化するダウンジャケット|パタゴニアの名盤・ダウンセーター
古き良きレトロXフリース|ジャケットとベスト+ロスガトス
アウトドアなショルダーバッグ|パタゴニアのアトム
アセンジョニストパック レポート!
キター! アセンジョニストパック♪|パタゴニアの本気ザック
パタゴニアのパフォーマンスベターセーター・フーディ
ベターセーター買ってみた|パタゴニアのカジュアルウェア
RPSロックパンツ|パタゴニアの新クライミングパンツ
アーバーパック!サミットパックを引き継ぐ名作

レビュー!パタゴニア 道具・モノ・デジタル 山の情報 山のよもやま話 about