登山記ブログ+

春の妙義 猫も杓子も岩巡り

妙義山,星穴岳

まだ4月だというのに、全国的に真夏日です。
ここ2週ほど妙義山へいってました。



妙義も毎年なのですが、この時期は気持ちが良いです。
先週は金洞山を縦走、そして翌週に星穴岳へ向かいました。
妙義山,星穴岳
岩場が楽しいコースですが、とくに星穴岳から星穴へ懸垂下降するルートは楽しいです。

 

岩場は楽しいのだけれども

毎年通っていますが、妙義人気は衰えず、いろんな方が来ます。
ノーロープ、ノーヘルメットの方も必ずいます。

 

今回は西岳直下で、子連れのファミリー登山者を見かけました。明らかに安全対策はナッシングな感じでした。
我が子を冒険させて達成感を味わせてやりたい!(あーね。わかるよその気持ち、それ親のエゴってのもわかるよ)
まぁとやかくいうつもりはありませんし、それでどんなことになっても経験ですからね。
経験なくては始まらない、といういみではすべてOKなのですが、
このご時世です、身を守るということに意識を入れていかないと、有事にはあっというまですよ…

 

いいですか、ここで事故を起こす確信犯を指摘しておきます。

 

それは、その危険コースに無防備で入ってしまっている選択をしてしまう傾向、無知さ、性格…
つまりその人自身の生き方そのものといってもいいでしょう。

 

なので、その時はセーフであっても、その人生的傾向が大幅修正されない限り、
今後もずっと同じチョイス(無防備で無意識的)を選んでしまうことでしょう。

 

危険は0%になることはありません。
ただ、技術や装備などを備えることによって、
可能性を抑えることができます。

 

でももっと大事なのは、

 

それは謙虚さですよ。
謙虚な気持ちで山に登ることです。


関連記事

男山 南西稜(ダイレクトルート)は爽快なバリエーション
タカノス岩北稜から碧岩西稜へ
秋の桧沢岳北西稜へ|藪山と岩場
男山のダイレクト尾根 南西稜が男道すぎて楽しい!
西上州最高峰の御座山を北西稜から登る!
西上州 孤高の尖塔 大ナゲシ北稜へ
西上州 碧岩西稜は快適なバリエーション|藪岩魂なんて言わないけど③
藪岩魂なんて言わないけど②|鷹ノ巣岩北稜を登ってみた
藪岩魂なんて言わないけど①|西上州 桧沢岳の北西稜登ってみた
両神山 赤岩尾根(赤岩峠~八丁峠)縦走してきた
雪の表妙義山
11月下旬の妙義山、でもまだもみじだけはキレイに紅葉
表妙義山|通行止め開通したんだけど
ロープワークの研修|ショートロープとかの練習
丁須の頭と裏妙義山縦走
妙義山 星穴岳 懸垂下降コースやってます
妙義星穴
汚名撤回!?荒船山
妙義★穴探検!
妙義山縦走
星穴@表妙義
裏妙義 西大星へ
西大星いってきた
山急山・五輪岩の歩き方
秋深し 妙義山 石門コース
春霞に浮かぶ表妙義山の稜線さんぽ
雨降りの裏妙義・西大星めざして
秋の表妙義山縦走|金洞山・鷹戻し
秋の妙義星穴岳2015|懸垂下降・そしてコースが整備されていた
11月下旬 表妙義山・星穴岳へ
11月最後の妙義山 星穴岳へ
妙義山 鷹戻しルートへ
表妙義 白雲山へ
相馬岳北稜 妙義の最難関ルート