妙義 金鶏山と筆頭岩、そして禁断の風穴尾根へ

妙義 金鶏山と筆頭岩、そして禁断の風穴尾根へ

妙義山,金鶏山,筆頭岩,風穴尾根,バリエーション,ガイド

寒くなってきました!そして妙義はまだまだ登れます!
何度となく妙義山に登っていますが、今回はいちばんビビった!

all photo by T.Aさん



1日目 金鶏山から筆頭岩

妙義山,金鶏山,筆頭岩,風穴尾根,バリエーション,ガイド
表妙義山の妙義道の駅から中ノ岳神社へのワインディングロードを走ると、ひときわ尖った尖塔が見え隠れしてきます。
金鶏山と筆頭岩は表妙義から半島のように突き出たコブコブの岩尾根です。
今回は、そこへ足を運んでみました。
妙義山,金鶏山,筆頭岩,風穴尾根,バリエーション,ガイド

 

妙義山,金鶏山,筆頭岩,風穴尾根,バリエーション,ガイド
下調べしておかないとわからないような取り付きからは、ずっと急登が続きます。

 

妙義山,金鶏山,筆頭岩,風穴尾根,バリエーション,ガイド
そして岩場。なんかすごいルンゼでしたw

 

妙義山,金鶏山,筆頭岩,風穴尾根,バリエーション,ガイド
全体、なかなかの好ルートですが、迷いながら、ルーファイに苦労します。

 

妙義山,金鶏山,筆頭岩,風穴尾根,バリエーション,ガイド
そして筆頭岩へ。かなり高度感のある背びれを登っていきますが、グレードはやさしめ。
登頂感はMAXですね。下降は2ピッチの懸垂。

 

2日目 風穴尾根

妙義山,金鶏山,筆頭岩,風穴尾根,バリエーション,ガイド
翌日は、裏妙義山の風穴尾根へ。
あまり聞かないマイナー尾根ですが、その名の通り、岩尾根上に風穴なる穴が空いています。
星穴岳のように遠方からはっきり見えないので、行かない限りはみれまん(たぶん)
妙義山,金鶏山,筆頭岩,風穴尾根,バリエーション,ガイド

 

妙義山,金鶏山,筆頭岩,風穴尾根,バリエーション,ガイド
国民宿舎跡に車を置いて、目指すは風穴尾根の前衛峰をめざします。

 

妙義山,金鶏山,筆頭岩,風穴尾根,バリエーション,ガイド
クラックの走る岩場にぶち当たったら、トラバースして登りやすいルンゼをつめて稜線へ。
身震いするようなけっこうなリッジも歩きます。

 

妙義山,金鶏山,筆頭岩,風穴尾根,バリエーション,ガイド
やはりルートがわかりにくい。トラバースしすぎると下ってしまうので、尾根へ登れそうな場所をみつけて、ワンピッチ登るものの、ここが一番のシビレポイントとなりましたw

 

妙義山,金鶏山,筆頭岩,風穴尾根,バリエーション,ガイド
その後、ほどなくで風穴へ。星穴と同じような感じですが、おっきいですね。
下山は、三方睨へはいかずに、適当に尾根を下りました。
なかなか楽しい尾根でしたよ、もう行かんけどねw


関連記事

男山 南西稜(ダイレクトルート)は爽快なバリエーション
タカノス岩北稜から碧岩西稜へ
秋の桧沢岳北西稜へ|藪山と岩場
男山のダイレクト尾根 南西稜が男道すぎて楽しい!
西上州最高峰の御座山を北西稜から登る!
西上州 孤高の尖塔 大ナゲシ北稜へ
西上州 碧岩西稜は快適なバリエーション|藪岩魂なんて言わないけど③
藪岩魂なんて言わないけど②|鷹ノ巣岩北稜を登ってみた
藪岩魂なんて言わないけど①|西上州 桧沢岳の北西稜登ってみた
両神山 赤岩尾根(赤岩峠~八丁峠)縦走してきた
雪の表妙義山
11月下旬の妙義山、でもまだもみじだけはキレイに紅葉
表妙義山|通行止め開通したんだけど
ロープワークの研修|ショートロープとかの練習
丁須の頭と裏妙義山縦走
妙義山 星穴岳 懸垂下降コースやってます
妙義星穴
汚名撤回!?荒船山
妙義★穴探検!
妙義山縦走
星穴@表妙義
裏妙義 西大星へ
西大星いってきた
山急山・五輪岩の歩き方
秋深し 妙義山 石門コース
春霞に浮かぶ表妙義山の稜線さんぽ
雨降りの裏妙義・西大星めざして
秋の表妙義山縦走|金洞山・鷹戻し
秋の妙義星穴岳2015|懸垂下降・そしてコースが整備されていた
11月下旬 表妙義山・星穴岳へ
11月最後の妙義山 星穴岳へ
妙義山 鷹戻しルートへ
春の妙義
表妙義 白雲山へ
相馬岳北稜 妙義の最難関ルート